深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒

アクセスカウンタ

zoom RSS 福井展示 後記

<<   作成日時 : 2014/04/11 11:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

※手伝っていただいたギャラリーの皆さん。
僕の隣のオレンジの服着た僕にちょっと似てる人は(前右2)、僕が学生の時、憧れだった彫刻科の先輩・遠藤研二さんです。撤去に駆けつけてくださいました(*^嬉^*)。





福井県・E&Cギャラリーでの個展「越の水と金魚」を終えて、本当にいろいろ考えました。


E&Cギャラリーは、福井大学が母体なのですが、僕は数年前までアカデミックな環境から何年も離れていました。

でも離れていたからといって、学問を考えてこなかったわけではありません。

僕は作品を作っているとき、「学問」としての側面は常に考えています。


最近、学校関係の講義などが増えてきたのは、僕の作品に対する考え方や姿勢などが、ようやく学問に通じてきたんじゃないかと思っています。
画像


こうして、福井大で講義をして、ライブペイントをして、展示もしてみると僕はやはり「学問としての側面も理解してほしいんだ」と思っていることに気がつきました。
画像


でも作品が売れなければ僕は生活していけないので、商売人に変わりありません。



でも学問も商売でしょう。





深堀隆介
Riusuke Fukahori










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

福井展示 後記 深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる