アクセスカウンタ

深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒

プロフィール

ブログ名
深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒
ブログ紹介
14年前、夢をあきらめようと一番落ち込んだ日、ふと部屋の一匹の赤い金魚が気になった。7年もずっと粗末に飼っていた和金(名はキンピン♀)。フンまみれの水槽の蓋を開けたとき、背筋がブルブルっと震えた。赤く光る彼女の背中は、怪しく、そして最高に美しかった。「なぜ今まで気がつかなかったのか、この子がきっと僕を救ってくれる」そう信じて、金魚を描き始めた。あれから14年、今なお金魚を描き続ける「金魚救い」された男のブログです。

help RSS

今週日曜日です。

2014/10/21 23:17
画像

今週の日曜日に東京デザイナーズ・ウィークのイベントの中でライブペイント(金魚作出)します。


青山一丁目駅を降りてすぐの明治神宮外苑で開催しているTDWの中にあるステージにて、つぶやきながら描いております。

夜19:30〜20:30を予定しています。お時間ある方はお越しください。


「僕の金魚の秘密を教えます」


東京デザイナーズ・ウィーク2014のサイト↓
http://www.tdwa.com/





深堀隆介
Riusuke Fukahori










記事へトラックバック / コメント


もう一つのヨコハマ・トリエンナーレ

2014/10/18 22:06
横浜では現在、3年に一度のアートの祭典

横浜トリエンナーレ2014(以下、横トリ) が行われています。

僕もそちらの会場には鑑賞しに行きましたが、今日はそちらではなく、黄金町界隈でやっているもう一つのアートの祭典、

画像

「仮想のコミュニティアジア 黄金町バザール2014」
http://www.koganecho.net/koganecho-bazaar-2014/

の話をします。


昔は結構アブない町として知られた黄金町や日の出町界隈を、近年、市などがギャラリーやショップなどアート事業に斡旋してアートの町になっています。

先週の月曜日に子供を連れて行ってきました。何気なく行ってみたのであまり期待していなかったのが正直なところ。

インフォメーションで地図をもらって黄金町界隈のいろんな店舗やギャラリーの展示を、見て回るのですが、これが意外に楽しかった!


いろんなアーティストの作品は面白いのですが、それがある各展示場が「古い!」「狭い!」「階段急!」となんとも昭和を感じる建物が多いのです。そこがよかった。
画像

(家宅侵入罪な気持ちで階段をあがると・・・・)
画像

(各部屋にこんな作品があったりします。各展示場こんなかんじ・・・)

大体の店舗には誰もいないので、勝手に入って3階まで上がって、人んちにおじゃましたような妙な感じになりながら作品鑑賞をするんです。

近年忘れかけていた新鮮なアートを見ている感覚。

(昔はこういう空間が当たり前だったけど、いまは、現代美術界もお金があって、最新のビルの綺麗な空間にあったりする。それがだんだん当たり前になっていたけど、昔は汚いビルに有名なギャラリーがあったりしたもんな〜。)

そんな昔を思い出しながら各展示場を回ったのでした。

画像



息子たちは各会場にあるスタンプラリーに夢中で、ほぼすべての展示会場を制覇しました。

画像




画像

点線が壁に書いてあるので何かな?とたどって行くと・・・・・
画像

一生懸命書いてる人がいた。
画像




そして夜暗くなったら、上に人がいたからビックリすると・・・・
画像

映像だった。
画像






今回の横トリは過去の作家や結構年上の作家が多いようなので、若くて粗粗しいが新鮮なアートを見たいならこちらもおすすめです。

子供がいる方は一緒にどうぞ。



〈作家として私の意見を補足します〉
このような行政がバックアップしてアートで盛り上げるのはいいことだとは思うのですが、はたしてそれはアーティストたちが望んで集まってくる土地なのかというと疑問に思う。NYのソーホーやチェルシーのそれとは性質も違う。行政などが絡んだ場合、政治的な作品や性的な作品は懸念されるだろうし、どうしても作風に制限ができてしまうだろう。アーティストの方もそれをよく踏まえていつか自立する姿勢が必要だし、運営側もどんどん新しい領域に切り込んでいく姿勢が必要だと思う。これからの黄金町アート文化に期待しています。



深堀隆介
Riusuke Fukahori







記事へトラックバック / コメント


Tokyo Designers Weekの「天才万博」に出ます。

2014/10/06 17:50
画像


今度のトウキョウ・デザイナーズウィークで行われる「天才万博」に

僕も出場することになりました。



会場や日時など詳しいことはトウキョウ・デザイナーズ・ウィークのサイトにてご確認下さい。
↓↓↓
http://www.tdwa.com/

天才万博
↓↓↓
http://www.tdwa.com/2014/join/tensaibampaku.html



ライブペインティングをやろうと思います。是非お越しください。

ちなみに10月26日(日曜日)19:30〜20:30です。

是非お越しください。






深堀隆介
Riusuke Fukahori
記事へトラックバック / コメント


YoutubeでBS朝日"Colors"見れます。

2014/10/01 20:47
画像

      ※制作風景も見られます。

画像

先日放映されたBS朝日「Colors」がYoutubeで見られます(02'50")。
他にも沢山の表現者たちが取り上げられてます。
どうぞご覧下さい。
You can watch my tv program of BS ASAHI "Colors" on youtube(02'50"). Thank you.

https://www.youtube.com/watch?v=CGni-fZDJlk&list=UUkzV0oYqt-YSqXhbfIxMdrA




深堀隆介
Riusuke Fukahori








記事へトラックバック / コメント


息子の才能。

2014/09/22 16:03
画像


昔から手が器用だった息子。


小学生になって初めてプラモデルに挑戦しました。


説明書を見るのがこの人は苦ではないらしく、昔から説明書を見て何でもちゃんと作るタイプでした。

ちなみに僕は皆さんお察しのとおり、家電など買うと説明書は全く見ずに使い出すタイプです。



あと彼が2歳の時に、ジグソーパズル(しかも結構難しいやつ)が得意だったのには驚きました。

しかもこのジグソーパズルを裏返しにしても彼は完成できましたので、彼はピースの一つ一つの形を記憶してわけです。それもまた驚きでした。




画像


かなり器用に作っていきます。何も教えてないのに・・・天性だね。


彼はなんか製図など関係する仕事に就くといいかもね。エンジニアとか設計士みたいな。


将来に期待してます。
画像







深堀隆介
Riusuke Fukahori








記事へトラックバック / コメント


Haierのサイトに紹介されました

2014/09/12 00:20
画像

中国の家電メーカー Haier(ハイアール) の運営する情報サイト KADEN MAKERSに

僕が紹介されています。

よろしけばご覧下さい。

金魚絵師 深堀隆介が描くまるで生きているかのような金魚の絵
http://lk-makers.jp/?p=455

ちなみに、アトリエの冷蔵庫はHaierです(#^.^#)

写真は懐かしの「倭(やまと)」です。




深堀隆介
Riusuke Fukahori





記事へトラックバック / コメント


別府の地獄めぐり

2014/09/05 11:19
画像

大分の個展の時、一日だけ休みをとって別府へいってきました。

温泉であまりにも有名な町ですが、実は僕は初めての別府でした。


前日に温泉も堪能したのですが、別府にはたくさんの源泉があり、泉質が全然違うそうで、一日では別府の湯を知ることはできません。


でも、その源泉をバスでめぐる「地獄めぐり」という観光があることを知り、息子たちもいたので早速予約しました。


観光案内には、海地獄、血の池地獄、泥地獄・・・・と地獄のオンパレード。「何でも地獄つけりゃいいんかい!」と内心思っていましたが、そんな思いは最初の海地獄に着いて完全に吹っ飛びます・・・。

画像


「すごい湯量!しかもなぜか青い!」 既に最初の地獄で感動してしまいました。


地球のエネルギーを感じるというか、地響きを鳴らしながらゴゴゴーっと吹き出る100度近い源泉に圧巻。


その後、本当に赤い色した血の池地獄や泥地獄、ワニ地獄と全てめぐりました。全て感動。


その圧倒的な湯量に、「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」と昔から詠われた意味がわかりました。


画像

地獄を見なくても、別府の街に、こういう↑湯煙がでている装置(?)があり、これを見ているだけでも面白いと思いました。誰かの作品みたいでしょ。
画像


何年もかけて湯の成分が付いたところが美しいと思ってしまう・・・これって職業病かも?


でもこういうのが次の僕の作品に生かされます。



それにしても楽しい地獄めぐりでした。




思えば、池で飼っている金魚や鯉って、温泉に入っているような感じですよね。

日本人の金魚好きは温泉が関係しているような気がしますね。








深堀隆介
Riusuke Fukahori











記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]