深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒

アクセスカウンタ

zoom RSS 偶然みつけた焼津金魚センター

<<   作成日時 : 2014/04/08 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

先日、福井の個展の撤去に車で向かう途中、静岡焼津ICあたりでエンジンの調子が突然悪くなり、とっさに高速を降り、近くの修理工場へ。


「入院です」と言われ、結局車を置いて新幹線で向かった事件がありました。



約1週間後、修理が終わり、もう一度焼津へ車を取りに行きました。


無事直った愛車に乗り 「折角焼津にきたんだからどこか名所にでもいこう!」と思いついた私。 

だって焼津に来る用事なんて今までなかったし・・・



で、大崩海岸という名所を地図で見つけたので向かってみると、崩落で車道が通行止め。

引き返して、海岸沿いの下町などをぶらぶらしていたのでした。

画像



まぁ、そろそろ帰ろうと高速の入口へ向かって走っていると「金魚」の2文字が目に入る。


・・・焼津金魚センター・・・


「あ、こんなところに金魚屋さんがある行ってみよう」


で、入ってみました。
画像



大きなコンクリートの池が裏手にある味わい深い金魚屋さんで、ここのご亭主が親切にお話をしてくださいました。


ここが焼津で唯一の金魚屋さんだそうです。

(なんという偶然!適当に走ってきたのに!以前福島県相馬市の藤田養魚場さんを発見した時を思い出しました。あそこも福島で唯一の養魚場だったし・・・今回も呼ばれたか・・・)

画像


ここは、大きな玉サバが印象的でした。もちろんらんちゅうもいました。


浜錦という浜松由来の珍しい金魚もいっぱいいましたね。


ここらは、やはり水が良いようで、とても澄んでいて綺麗でした。


地下から地下水を汲み上げて利用しているそうです、そりゃいい水だ。。


画像


僕の感性を刺激する素敵な金魚屋さんでした。

残念ながら時間がなくなり、長居はできませんでしたが、良い小旅行となりました。

またいつか焼津に来たいです。 景色が最高にいいもんねぇ。




※最後に。
「焼津(ヤイヅ)」の地名の由来は、古事記・ヤマトタケルの伝説に出てくる戦いで草原を焼く話が起源となっていますが、あれは作り話だと思います。

僕は「ヤ伊豆」、つまり、伊豆(イヅ)の関係国だったんじゃないかと思うんです。

ちなみに「ア伊豆」は会津かもしれません。

あと、伊豆は、出雲(イヅ・モ)にも何かしら関連していると僕は思っています。(憶測ですが)




深堀隆介
Riusuke Fukahori














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

偶然みつけた焼津金魚センター 深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる