深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒

アクセスカウンタ

zoom RSS 3.11福島で

<<   作成日時 : 2013/03/13 00:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

(※前日の準備風景)

3月11日 震災から2年目のこの日。

福島県南相馬市の上野さんの旧ご自宅にて、ライブペインティングを行いました。


このペインティングは、以前津波で亡くなられた上野さんの2人のお子さんの遺品の上履きに金魚を描かせていただいたことがあり、

その上履きを、常円寺のご住職が供養してくださることになり、そのお経の時に金魚の絵を描こうとなったものです。
画像



だから、今回はイベントやショーではなく、本物の仏事・そう儀式なのです。



僕自身も本当に直前までプレッシャーは大きかったです。
画像

(※前日のロケ車内で疲れて寝てしまった。ずっと前から疲れがたまってたのもあります。)





次の日。 2時40分ごろから、たくさんの人たちが上野さんの旧宅前に集まりました。


地震発生時刻まで上野さんご一家、復興浜団の人たち、マスコミの方々、そしてご住職と静かに待つ。


砂嵐のような強い風の音だけが荒野に轟く中、地震発生時刻のサイレンが響く・・・そしてご住職の黙祷の鐘の音がゴーン、ゴーン、ゴーンと三回鳴り、全員で黙祷。


その後読経が始まる。

画像


この時、僕は心も体も倒れてしまうかもしれないギリギリの状態でした。

これはショーじゃない、ここには霊魂が降り、神様がおられるわけですから、失敗は絶対に許されないのです。



最後の最後まで見えなかった金魚が、突然見えた。

そして、描き始めました。

画像


津波が到達する時間までに、金魚の体だけでも作るから、みんな金魚になって逃げてくれ!・・・って心で想いながら描いていました。


必死でした。 もうすぐ水が迫ってくる、早く描くんだ!お願いだから早く出来てくれ!と何度も念じながら。


画像



そして何とか、15時40分までに金魚の形まで仕上げました。

地震発生から津波到達までの時間の早さを初めて体感することが出来ました。なんと短いことか。


出来上がった金魚をみて、上野さんはじめ、皆さんに喜んでいただけて、本当に嬉しかったです。


また、素晴らしいお経(妙な言い方ですが(笑))をあげてくださった、福島県常円寺ご住職・阿部光裕氏に心より厚く御礼申し上げます。


本当に幸せな日でした。


この模様は、3月13日のNHK福島放送局「はまなかあいづTODAY」の中で放映されます。その後全国放送でも放送されるかもしれません。また決まり次第お知らせいたします。


画像

(※左から僕、上野さん、阿部ご住職といっしょに)




深堀隆介
Riusuke Fukahori









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

3.11福島で 深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる