テーマ:作品

新作「大渦(おおうず)」 が生まれた。

                   ※一緒に記念撮影 本当に楽しかった。心から楽しい制作だったと、迷いなく言える作品。 「大渦(おおうず)」が誕生した。 本当に可愛い。 この娘を制作しているときは、不思議と10代の頃に戻ったような 一切の迷いのない制作だった。 「内なる花」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓雪 (からゆき)

今回は、絵画作品をご紹介します。 この人は「韓雪(からゆき)」さんといいます。 今年初めに生まれた人で、初めて、腹側を上に向けたポーズに挑戦した作品です。 ふつう金魚が腹を上にするのは、死んだときです。 だから、そうならないように気をつけました。 泳いでいるときにクルッと反転して 見えるように。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹脂作品について 金魚酒誕生秘話

僕を代表する作風となった樹脂作品。「金魚酒」はかなり定番になりました。 でもその描き方の誕生は偶然の発見でした。  金魚救いから2年程経ち、平面絵画以外の何か新しい表現はないか 毎日考えていました。ある時、透明樹脂の中に金魚がいたら 綺麗かなと思い、透明フィルムに金魚をプリントして、切り抜いたものを …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空缶に金魚 あきかんにきんぎょ

今日は空き缶金魚こと、「asahi(アサヒ)」と「cafe aulait(カフェ・オレ)」をご紹介します。                         「asahi」                         「cafe aulait」 これは、僕が暮らしの中で、(金魚が見えた)空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TASTING ART EXHIBITION テイスティング・アート・エキシビション に出品中です。

お知らせが遅くなってしまい申し訳ないのですが、 現在、大阪は阪急百貨店メンズ館で行われているテイスティング・アート・エキシビションに数点ですが出品しており ますので、お知らせいたします。 この企画は、様々な現代美術ギャラリーのギャラリストたちがディレクションする展覧会です。 村上隆氏や草間弥生氏など、有名な名前か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金魚酒 2010年制作始め /kingyo sake start

久々に金魚酒を制作した。 実は、去年の夏から作っていない。あえて作らなかったといってもいい。 去年、金魚酒は、あまり作らないことに決めた。なぜなら自分のモチベーションを大事にしていることと、一つ一つをもっとじっくり作りたいというのが一つの理由。 だから、やっと作りたくなったということでもある。久々の金魚酒の制作は楽しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金魚酒(五合枡) 和金  2009 / Kingyosyu wakin  

今回は、ドイツの個展の時、発表した五合枡の金魚酒「和金」をお見せいたします。 この子たちは、そもそも、2003年にターナー・アクリル・アウォード2003で賞をいただいた「金魚酒:和金」のリメイクとして2009年にドイツに向け、もう一度今の感覚で作ったものです。 少しよって見てみましょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株式会社 和心 本社ミーティングルーム壁画制作

今回は、作品のデザイン的な使われ方の一つとして、壁画制作をお見せいたします。 何度か、壁画制作はしたのですが、この㈱和心さんは会議室の全面を描かせていただきました。 制作日は、  2005年11月です。 ㈱和心さんは、銀のアクセサリーで有名な、かすう工房や、かんざし屋など多くのテナントの本社です。 この壁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深堀隆介の制作の真実

今回はちょっと作品ではないですが、僕の作品の秘密を公開します! アトリエには、いろんな訪問者がいますが、ほぼ毎日といっていいほど息子がやってきます。 散歩を兼ねた暇つぶし?とも思えるのですが、父親としてはなんだか嬉しいもので・・・・ 実は、僕の絵は、息子の指南を受けながら制作したものなんです!! 証拠はこれです!!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そらみつ

今回はいきなり最近の作品になりますが、絵画作品です。 命名は「そらみつ」さんです。 そらみつは3匹います。全員「そらみつ」です。 彼らは、いろんな記憶から生まれたものです。 僕の絵は、具象画ですが、実際は抽象画に近いと思っています。構図や、色の配置も大事ですが、それよりも、描く行為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木金(もくきん)

今回は、金魚酒ではなく 木彫の「木金(もくきん)」をご紹介いたします。 最近は作っていませんが、4,5年前までよく時間があるとき、木の切れ端などで作った作品です。 日々の制作に疲れた時など、気晴らしになんとなく作りたくなって作ったものでした。 かわいいでしょ。自分はそう思って作っていましたが、友達には気…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

樹脂作品紹介 「百済」と「加羅」

今回は、金魚酒から発展した樹脂作品を、お見せしたいと思います。 樹脂作品は、技術的に少しずつ向上しているとは言え、まだまだ発展途上です。 この技法で僕が作られる大きさにはまだ限界があります。 大きくなればなるほど、手間もかかりますし、重くもなります。それよりもなによりも、何日もかけて作ってきて、 最後の一層で、樹脂の硬化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作品紹介 第一弾 まずは金魚酒でしょう。

僕の作品を紹介するのに、まず外せないのはこの「金魚酒」です。 樹脂に直接描く描き方の作品の中で、最初のころに出来上がった作品です。基本的に一合枡と五勺枡に作ります。 そして、いままで僕を経済的にも、精神的にも養ってくれた、最も思い入れのある作品シリーズです。 完成度がもっとも高い作品の一つだと思います。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブログを始めようと思います。

こんにちは。深堀隆介です。 パソコンが少し苦手だったせいか、ブログをやることに戸惑いをもっていましたが、 僕の活動報告などを知りたいなどのお客さまからの声と、より多くの方に僕を知ってもらうためにも ブログを始めようと思いました。 内容的には、活動報告から、作品紹介などを中心に行いたいと思います。 毎日はでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more