東名高速のワニ

画像

東名高速を走っているとワニがいるんです!


と、いうと、ビックリすると思いますが、本物ではありません。


ワニといっているのは、今は使われなくなった昔の検札所の土台跡なんです。


ワニが水面から頭を出しているように見えるため、僕が勝手にワニと呼んでいるんです。


これがあるところは、東名の浜名湖SAから名古屋方面へ数キロ行ったところにあります。


ETCが普及する前は、ここの検札所でチケットを見せなくてはいけませんでした。

というのも、近くの浜名湖SAは「上り」と「下り」の利用客の車が(区切られてはいるが)同じ駐車場に停車するため、双方でチケットを交換し、キセル乗車みたいなことをする人たちが横行したため、その対策に作られたと聞きました。

※(つまり、東京から名古屋へ行く人は、名古屋から来た別人のチケットと交換し、名古屋の一つ手前で降りれば東京~名古屋(一つ手前)がなんと一区間分の料金になると・・・なるほど)

ETCの普及と各料金所のカメラ性能の向上で、そんなことは無意味になり、この検札所も取り壊されたんだと思います。




いままでこのワニを写真にとらえようとしていたんだけど忘れちゃうんだよね。

で、この前偶然、助手席で窓から雲を撮っていたらワニが見えたんで、思わずシャッターをきりました。


東名を走ることがあったら、是非このワニを見てください。



深堀隆介
Riusuke Fukahori