アクセスカウンタ

<<  2013年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


まだ空席があります!セミナーin名古屋

2013/10/31 12:40
画像

僕のセミナーが11月8日に名古屋で行われます。

まだ「空席が!」あるそうです。この機会に是非お越しください!m(_ _)m

申し込み締め切りは 11月5日です!


〈内容詳細〉

★「金魚のそばで生まれて」


(参加費1000円)
開催時間: 18:00〜19:30
会場:株式会社スペース 名古屋本部ビル7F会議室
    名古屋市西区那古野2-2-1


〈講演内容予定〉

・ライブペインティング実演

・僕と金魚について

・名古屋は金魚の町(弥富)のとなり

・作品が持つ背景や意味

・昔の作品(金魚以外の作品)

・福島でのこと

・デザインとアートの考察




などなど、映像などもご覧いただき、わかりやすくて楽しい講演にしたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。






その後、懇親会もあります。誰でも参加自由です。
お酒でも飲みながらおしゃべりできたら嬉しいです。

★コミュニケーションパーティ

(会費3500円/定員40名)
開催時間:19:45〜21:45

会場:個室 Japanese dining 灯(トモリ)名駅店
〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-15-8 グルメプラザ3F
Tel:050-5518-7788


***********************************************


詳細、お申し込みはこちらへ↓

一般社団法人空間デザイン協会(代表)
CCDO
http://ccdo.info/blog/2013/09/post-84.html





深堀隆介
Riusuke Fukahori





記事へトラックバック / コメント


NBC"Don't Blink"僕のドキュメンタリーが見られます。

2013/10/30 02:01
画像



NBCテレビ”Don't Blink!” Goldfish : Riusuke Fukahori

http://video.msnbc.msn.com/documentaries/53374931

先日東アメリカで放送されたアメリカNBCテレビのショート・ドキュメンタリーの映像が上記サイトで見られます。


どうぞご覧下さい。





深堀隆介
Riusuke Fukahori










記事へトラックバック / コメント


思い出の東京メトロのポスターと山田優さん

2013/10/26 10:42
画像


家を整理していたら昔僕の金魚が乗った東京メトロのポスターが出てきたのでご紹介します。



このポスターは、2005年ごろだったと思います。


当時、ラフォーレ原宿にあった水金地火木土天冥海(H.P.France)に夏限定の手描き浴衣と帯を卸していたんです。


H.P.Franceさんは、店舗とは別にプレスルームを持っていて、ファッション雑誌などへ貸出用として店頭に並ぶ服と同じ服がストックしてあって、毎日撮影などに使うために様々なスタイリストさんたちが服を借りにくるんです。

僕の浴衣も1、2着そこにおいてあったんです。

ある日、僕の浴衣をあるスタイリストさんが持っていったそうなんです。



後日、知り合いから連絡があり、「東京メトロのポスターに金魚の浴衣と帯をした山田優ちゃんがいるんですが深堀さんの金魚じゃないでしょうか?」と言うので・・・・



調べてみると僕の金魚じゃん!っとなり、早速東京メトロに問い合わせ・・・作者本人だと何度も名乗り、頂戴したのがこの大判のポスターです。


この頃は、金魚アートアクアリウムなど無い時代ですので、こういうテイストの金魚ポスターは珍しかったと思います。



僕の金魚が東京の地下鉄にいると思うとなんか変な感じがしたけど、めっちゃんこ嬉しかったのも覚えています。





そんな思い出のポスターです。





深堀隆介
Riusuke Fukahori










記事へトラックバック / コメント


第2養画場

2013/10/24 22:49
画像

新しく借りたもう一つのアトリエ第2養画場。っていっても平屋の貸家ですが、とても便利です。


夜遅く作業しても、貸工場建築の第1アトリエとは違って寒くないし、うたた寝しても寒くないし、ほんとに快適です。



ここを借りようと思った発端は、今制作中の着物を描くため。

一つの作品のために我ながら思い切った行動をとったと思いますが、正解でした。
(その後も何らかの制作に使えますし)




やっぱり畳の方がこういった作業ははかどります。

もう一つの空いている部屋を絵画・樹脂などの作品の倉庫にも使おうと思っているのですが、まだここにそれらの作品達を移動していません・・・というのも


夕方になると息子たちがきて、お絵かき部屋と化してしまうからです。

画像


あんたらのアトリエになってる・・・・ような(^_^;)



まあいいか、、家で描くより集中しているようですし。



しばらく作品倉庫にはできそうにないなぁ。








深堀隆介
Riusuke Fukahori











記事へトラックバック / コメント


ルー大柴さんが来訪

2013/10/22 00:45
画像

先日テレビ収録がありまして、横浜のアトリエにルー大柴さんがお越しくださいました。


ルーさんはとても気さくなお人柄で、裏表のない方という印象でした。

画像


収録は、いろいろ金魚と僕のお話をして、最後にルーさんといっしょに金魚酒作り・・・・人に教えるのは僕も初めてでした。


金魚酒の完成は後日ですが、なかなか面白い金魚をお描きになりましたよ。


収録の合間、ルーさんに僕が昔みた探偵ナイトスクープのルーさんが出演した回※1で泣いてしまったことをお話をしたら、スタッフの人もみんな知っていてとても盛り上がりました。

 ※1 「女子中学生のお孫さんが、少し前に亡くなったおじいちゃんに会いたくて、おじいちゃんによく似たルーさんに一日おじいちゃんになってもらい遊ぶ」という話。




画像

そして、こちらの女性は、美人秘書役の小橋宏美さん。 超セクシーな衣装に男のおいらは目のやり場に困りましたよ(*´ω`*)

テレビなどでタレントとして頑張っていて、博多がご出身だそうな。(博多美人か〜)

これからもますますご活躍されますよう陰ながら応援しております。


僕は昔、博多によく行きましたよ。風土も人柄も最高だし、おしゃれな街ですよね。またいきたいなぁ。





とまぁ本当に楽しい収録でした。またいつかお会いできるのを楽しみにしております。
放送内容はまた後日にお知らせいたします。







深堀隆介
Riusuke Fukahori















記事へトラックバック / コメント


NBC(USA),My interview will be broadcast tomorrow!

2013/10/19 20:38
画像


あすの20日午後8時50分頃にアメリカ三大ネットワークに一つNBCテレビの"Caught on Camera"コート・オン・カメラ(カメラはとらえた)というコーナーにて僕の取材分が放映されます。




東アメリカ限定の放送になりますので、ニューヨークやボストン、ワシントンD.Cなどにお友達がおられる方は、是非お知らせしていただければ幸いです。


* NBC News "Caught on Camera"
Oct.20. 2013 PM 8:00-(My interview will start at about PM8:50-)

(area:East USA )


URL http://www.nbcnews.com/id/28437703/



画像



Please watch it!






Riusuke Fukahori






 


記事へトラックバック / コメント


完成「白澄 命名 そらみつ」の姿

2013/10/17 19:45
画像

額完成!!


お待ちかね「白澄(しらすみ)」にドッキング!↓






画像

おお!我ながらかっこいいと思うー!!

ニューヨーカーからどんな反応があるか楽しみです。打ちのめされるかもしれませんけど。

画像



頑張ってみます。

画像







深堀隆介
Riusuke Fukahori















記事へトラックバック / コメント


額縁の箔が貼れました。

2013/10/16 20:34
画像

先日作っていた額縁の水金箔(金50/銀50の割合)がやっと貼れました。


ちょっと疲れた・・・・

画像


まだ組立前だけど綺麗でしょ。貼る技術が下手ですがご容赦を。 

箔を170枚くらい使ってしまいましたわ・・・ははは(^◇^;)

楽しませていただきました。


これに変色防止のメタルコートを吹き付けて組み立てれば完成です。



さあどうなるか?
画像


画像

(ロダン風の滝のオブジェ↑)


完成は後日お見せいたします。ご期待下さい。






深堀隆介
Riusuke Fukahori



記事へトラックバック / コメント


アトリエをもう一件借りました。

2013/10/14 22:05
画像

先日、アトリエ兼、作品ストック場所として貸家をもう一件借りることにしました。


主には今、取り組んでいる着物の制作のためです。そのほかに、今のアトリエが手狭になってきたため、作品とグッズなどのストックルームとしても使えるので、できた作品はこちらに持ってきて、常時撮影できるようにし、そして梱包もそこでしてしまおうと考えたわけです。


今の工場風プレハブのアトリエで描くよりも、和風建築の畳の部屋で作業しやすい作品もあるため(墨絵など)、前から借りようか悩んでいたが、今月決断しました。


でも、借りてみて中に入ってみると、昔、畳の上で制作していた懐かしい感覚をふと思い出しました。


昔は今の住まいの一部屋をアトリエにしていたので、部屋の中が作業場でした。寝床はとなりの四畳半で、眠くなるギリギリまで作業して、隣の部屋の布団へ ズドーン!と寝落ちるってのがいつものパターンでした。
(子供が出来てからこんなことはできなくなりましたが・・・)


でも一日中家の中にいる生活になるので、なんだか悶々としていたのを覚えています(^_^;)



でも、何年経っても和室はやっぱり慣れているんだよねー。樹脂作業もこちらでゆくゆくはやろうかと思っています。


畳ってやっぱりいいかも・・・・


というか、畳ってすごいグッドデザインですよね。昔の人はすごいね。



落ち着くし。 新築で家を建てても僕は畳は絶対欲しい人ですね。







深堀隆介
Riusuke Fuahori






記事へトラックバック / コメント


額縁作り

2013/10/11 00:59
画像

いま、樹脂作品とともに平面絵画作品のための額縁も一緒に作っています。


2年くらい前から額縁を作るのにハマってて、それ以来、それまで描いた絵のための額をコツコツ作っているのであります。


今回は、NYの個展に出品する「白澄(しらすみ:2011)」のために額をつけようと思った次第です。


画像

(↑左の白い金魚が白澄「そらみつ」くんね。モノトーンですみません。)


で、けっこうこれが楽しくて、樹脂の細かくて神経を使う作業に対して、これは思いのたけを爆発させるように作ります。爆発と抑制という2つの自分をコントロールしているんですね。

樹脂作品も僕だし、この額だって僕。 僕のことを昔から知っている人は、きっと爆発系の僕の方が馴染みがあるんじゃないでしょうかね。


画像


木枠を作り、その上に石粉粘土で作ったオブジェをボンボンとつけていきます。なんかの機械の部品やプラスチック片などもくっつけます。↑はデメ金をかぶったスカルです。

それに工芸うるし(エナメル塗料)を塗っていくと、何とも言えない一体感が生まれます。

画像

塗膜感がたまりません。

画像

これなんかは、サーフィンしている人です。よく見ないとわかりません。


とまぁ、なんでもありで楽しんでいるんですね。


でもこの額にあるイメージは僕の内面であり、金魚の絵の内部に秘めたるイメージと同じです。


ウロコを境に中と外でイメージがつながっているんです。


画像

工芸うるしが乾いたら金と銀の顔料を塗っていきます。

画像


重厚感が増します。


制作風景の写真はここまでですが、今、箔を貼っています。僕の今のお気に入りは、金と銀が半々に混ざった箔で

「水金箔」という箔です。 金箔と銀箔の丁度中間になるのですが、不思議なことに青みがかってみえます。

だから、「水の金」と書くわけね!と思うのですが、それよりも「水と金魚」で水金とも思えるし、昔、お世話になっていたアッシュペーフランスの水金地火木土天冥海(通称:水金)さんも彷彿とさせて好きなネーミングなんですよ。


その水金箔を全体に貼っています。だから最終的にはキランキランになります☆☆☆彡


※↓ちなみに以前作った洋金箔の額作品をご紹介。
画像

画像
 




乞うご期待。





深堀隆介
Riusuke Fukahori










記事へトラックバック / コメント


高速道路で降りること・・・(桜塚やっくんの事故死から)

2013/10/08 01:42
昨日の衝撃のニュース。

桜塚やっくん高速道路で後続車にはねられ死亡の記事・・・・言葉を失いました。もうびっくりです。


エンタの神様でのスケバンの芸ももちろん知ってますし、当時僕も彼にたくさん笑わせていただきました。


もう見られないと思うと本当に残念です。


バンド活動もようやく勢いが出てきた矢先だったみたいですね。くやしいねー(ノД`)。



心よりご冥福をお祈り申し上げます。


*************************************
画像


で、やっくんの死因が事故車から出て、高速道路の車線にでたところを後続車に跳ねられたということだそうですが、これは本当に危ないんです。


100kmでビュンビュン車が走る高速道路に降りたことある人はきっと少ないでしょう?僕は何度か降りたことがあります。


僕は、仕事でよく高速道路を運転しますので、ある時は荷崩れを直すために路肩に停めてトラックのロープを掛け直したり、

ある時は、2台で並走していて、相方の車が中央分離帯にぶつかる自損事故を起こしたこともあり、その時は大事故にはならなかったんですが、路肩に駐車して車道に出て対応しました。

その時のことで思い出すのは、通り過ぎていく車の風きる音と風圧、そして弾丸のような速さ!!

本当に車道は怖いんです!!



僕が一番言いたいのは、実は乗っている時の車のスピード感と、降りた時の車が迫ってくるスピード感は全然違うってこと!!




高速の車道に降りた経験のある方は、「そうそう!」と思っているんじゃないでしょうか?


めっちゃ怖いですよ!! ビュン!ビュン!っと物凄い風ですから!


後続車が随分向こうにいるからまだ大丈夫と思ったらダメです!一瞬で近づいてきますから!


多分、いつもの街での車の距離と接近時間の感覚で見てしまうからだと思います。

だって考えても見て、100kmってさ、野球選手が投げるボールのスピードなみでしょ!それが迫ってくるんだから、速いに決まっているわけ。


車に乗っていると、そんなに速く感じていないけど、降りて車道からみると、僕らの乗っている100kmの車って本当に速いです。しかも路肩と車道の距離がすごく近くに感じますから。



だから、もし、高速で止まるようなことがあったら、車が来ない方から出て、すぐに後続車にわかるように発炎筒と三角の反射板を出して、路肩のガードレールの向こうへ逃げてくださいね。


高速は、少しのハンドルミスが大事故になりますから、皆さん本当にお気を付けください。







深堀隆介
Riusuke Fukahori















記事へトラックバック / コメント


僕の樹脂技法を真似するのは構いません。

2013/10/04 23:53
画像

僕の樹脂の重ね画を真似したいという人は多いかと思います。

僕は、別に真似するな!と言ってはいません。真似しても構いません。


逆に樹脂の積層の難しさもわかっていいかと思います。

一度樹脂を入れたら、やり直しできないところとか、、積層は最後まで慎重にやらないと最後の一層で全てがオジャン!ってこともありえますし・・・・



金魚でもカエルでもお花でも好きなものを描いて挑戦してください。




ただ、それはあくまでも趣味やアーティストを目指す学生さんたちの範囲でのお話。


商売など金銭が絡むと少々話は変わってきます。プロの世界ですから。




以前、僕の作品のそっくりな模倣者に対して怒ったのは、その方たちがプロのアーティストとしてマスコミに紹介されていたことにあります。(マスコミの認識の甘さがありました。)


プロのアーティストと称するならば、誰かの作品で「いいな」と思っても絶対に真似してはいけません。


完全オリジナルでなければなりません。 アートは、「新しい」ということが大前提にあります。

だから、「誰かっぽい」作品は、絶対ダメです。

ネット社会の現代は特に、海外の作品をパクってもすぐバレます。
(ネットが普及する以前はよかったんですけどね・・・・昔は、海外のアートを真似した日本人アーティストが今以上にたくさんいました。情報がないのは逆に幸せかもしれませんね。)



たまたまカブってしまったということはよくあります。これも基本的には先にやった人のものでしょう。


もし、誰かの作品をみて感動し、その画法を自分の作品に使いたかったら、出来上がった作品の題名の前に「誰々へのオマージュ」とか「リスペクト 誰々」とその画法を生み出した作家の名前をあげれば大丈夫です。


そういうルールです。





まぁいろいろ言ってますが、僕の技法を最初は真似していても、最後にはあなただけのオリジナル技法が生まれてほしいと思っています。


その時は、僕にメールで教えていただけると幸いです。「こんなんできましたよ〜」ってね。


今度は、逆に僕がその技法を使わせてもらうかもしれませんし!おほほ(-^〇^-)


僕は、自分が生み出した技術がどんどん発展することは大歓迎です。








深堀隆介
Riusuke Fukahori








記事へトラックバック / コメント


兄のゴマソムリエがテレビに出ます。

2013/10/02 21:54
画像

京都でゴマソムリエと称し、ごま屋を経営している兄の深堀勝謙(かつのり)がテレビに出るそうです。

10月4日 夜8:00〜

テレビ東京>『所さんの学校では教えないそこんトコロ 2時間スペシャル』


みなさん見てくださいね!





深堀隆介
Riusuke Fukahori






記事へトラックバック / コメント


<<  2013年10月のブログ記事  >> 

トップへ

深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒 2013年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる