親しらず抜きました・・・。

先週の金曜日 歯科ではなく口腔外科で親しらずを抜きました。


なぜ歯科ではなかったかというと、僕の下の親しらずはアゴの骨と深くくっ付いていたため、

3年前に左下の親しらずを抜いた時、大出血して、しかもその日根っこが抜けなかったという大惨事があったためです。

右下の親しらずも抜こうと思っていたので、今回は万全をきして口腔外科で取ってもらった訳です。


レントゲンをみて先生が、「きれいに収まってますから、別に抜かなくてもいいんじゃないですかぁコレ。抜くとなるとこの辺りのアゴの骨を削らないと取れませんねー。アゴの骨にくっ付いていますから。」


((心の声) な・・・なにー!!・・・・アゴの骨を削るだとー!!い・・・いやだー!!!)


「確実にボンボンに腫れますよ。どうされます?(ニヤっ)」

どうせ止めるんだろう?とほくそ笑みながら僕を見る先生の眼差し。


((心の声) 来週は取材はないし、顔が腫れても大丈夫、でも痛そう・・・・どうする・・・・深堀・・・男だろ・・・・ボンボンだと~・・・いやだ~・・・・帰りて~!!でもここで抜かなかったら俺はきっと一生抜かないだろう、だから・・・だから僕は・・・)


「先生、抜きます。」


「えっ?!」  


「抜くと言ったのです。」


「わかりました、どうぞ診察台へ・・・。」 手術20分・・・。無事摘出。


その日の夜、激痛が我を襲う・・・・・。


3日過ぎれば治ると思ったら、未だに痛い!腫れてます。ロキソニン、ロキソニンをもっとくれ~!!まるでマイケルのデメロールのような・・・・。


そんな中、急な取材のお話しが・・・・・そして昨日撮影・・・・・(もっと早よー言ってくれたら抜かんかったわー!!腫れとるやないかー!右!!(笑))


早く腫れが引くことを願っています。

皆さんも、お早めに、お抜きください。




深堀隆介
Riusuke Fukahori