加門七海 「怪のはなし」

画像

加門七海さんのエッセイ集「怪のはなし」が集英社文庫より文庫化され出版されています。


その表紙絵に僕の作品「倭(YAMATO)」が使われています。


怪談のようなお話しですが、怪談とはいいがたい、むしろ加門さんが見たものの記録簿といったところでしょうか。



最初この装丁のお話しが来た時、加門さんがなぜ僕の金魚を選んだのかわからなかったのですが、


「怪」という意味では、僕は金魚の裏側に「怪しきもの」を見たわけで、

しかも、僕は僕が描いた全ての金魚たちには、霊魂があると信じている。



なるほど共通するとおもいました。


「怪のはなし」発売中です。ご興味ある方は、どうぞ書店にてお買い求めください。





深堀隆介
Riusuke Fukahori