僕の金魚観はここにあり  近藤金魚店/名古屋

画像


きれいですね。美しい金魚たちがたおやかに泳いでます。これは、本物の金魚です。

今日は、僕が名古屋に里帰りすると、金魚を買いにいく金魚屋さんをご紹介します。


画像


名古屋は瑞穂区、瑞陵高校前にある「近藤金魚店」さんです。


ここは、僕が幼いころからあった金魚屋さんで、父に連れられて金魚を買いにきた覚えがあります。

先代がこの地で、当時まだ珍しかったランチウや土佐金を沢山のタタキ池で養殖し始め、

その金魚好きが高じてここに金魚屋を本当に開店させてしまったとのこと。

もう40年も前の話しだそうです。

画像

画像


ここには最新のアクアリウム水槽みたいなものはありません。

あるのは、セメントとタイルで出来た、何ともアジのあるかっこいいタタキ池など。

売られている金魚も、ごくシンプルな和金や、出目金、琉金、ランチウなどです。

でも、ここの金魚の見せ方が、僕はとーーっても好きです。

実にシンプルで、いい見せ方をしていると思います。

今、こういう見せ方は逆に贅沢ですよね。金魚の正当な見せ方だと思います。

画像



こんな金魚屋さんが名古屋に残っているだけで嬉しいです。

値段も、関東と比べると、かなり安いです。しかも良型です。本当にすごいです。

画像


店内の金魚の絵↑もいい味だしてますよね。か、かっこいいー。

こういうお店の記憶が、僕の制作意欲を掻き立てます。



画像


いま、お店をきりもりしている女将さんです。いい笑顔ですね。

画像


この日、また僕の家族が増えました。(出目金もこのあと仲間入り)


飾らない美しさがここにはあります。 

「近藤金魚店」さんでした。



深堀 隆介