樹脂作品について 金魚酒誕生秘話

画像

僕を代表する作風となった樹脂作品。「金魚酒」はかなり定番になりました。

でもその描き方の誕生は偶然の発見でした。 


金魚救いから2年程経ち、平面絵画以外の何か新しい表現はないか

毎日考えていました。ある時、透明樹脂の中に金魚がいたら

綺麗かなと思い、透明フィルムに金魚をプリントして、切り抜いたものを

樹脂に中に固めた作品を発表しました。


しかし、それでは、フィルムが透明でも切り口が見えるし、なんだか

お土産品みたいになっていました。完成度に不満がありました。


そしてある日、いつものように樹脂を使って作業していたら、少しだけ

樹脂が余ったんです。


もったいないから空いていた型に流し込んでおきました。

ちょうど型の半分しか樹脂が入りませんでした。

次の日、固まったそれを見て、「絵具でかけるかなぁ」と思い、その表面に

絵具で金魚を描いてみました。


多分失敗だろうと、期待せず、樹脂を上から流し込んでみました。

明日には絵具は樹脂で溶けてしまうだろうと思っていました・・・・



次の日、型から取り出されたそれは、僕の次なる表現の可能性を持った、

何とも言えない美しい金魚が泳ぐ、完成度の高い作品でした。


「これだ!」 その日から、樹脂絵画の実験をくりかえしました。

そして、その技術を発展させ、「金魚酒」が誕生しました。

翌年、ターナー色彩株式会社主催のコンペティションで賞をいただきました。

画像

        「金魚酒 : 和金 2003」    ※画像転用禁止            

画像

        「金魚酒 : 出目金 2003」   ※画像転用禁止



この頃、まだ名古屋に住んでいて、東京で僕の作品を発表できたことは、

本当に嬉しかったのを記憶しています。

僕のこの技術は、当時、世界で誰もやっていなかったと思います。

もし、類似品や真似されたとしても、僕がオリジナルだとわかるよう、

日々の鍛錬がこれからも必要だと思います。

(でも実は化学薬品系は昔から大嫌いなんですが・・・)

画像


深堀隆介




オフィシャルHP 「金魚養画場」