アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「制作姿勢」のブログ記事

みんなの「制作姿勢」ブログ


Widewalls Interview 日本語原文

2015/02/07 18:15
Widewalls interview
ワイドウォールズ インタビュー日本語原文


画像

Widewalls[W]: Could you remember what was your first contact with the world of art?
Riusuke[R]: My first encounter with the art world was when I was a child. My grandfather who lived in Nagasaki sent me a charcoal ink painting every New Year’s. As a child, I thought it was so cool and I wanted to be able to paint just like him. I remember picking up some paint brushes and charcoal ink to practice


Widewalls[W]:アートと初めて触れ合ったきっかけが何かを覚えていますか?
Riusuke[R]: 一番 最初は子供の頃、毎年お正月に長崎の祖父から送られてくる色紙に墨で描いた水墨画が好きでした。子供心にかっこいいと思っていたし、あんな風に描けたらいいなぁと思っていた。それを見ながら筆と墨を使って水墨画を練習していたのを思いだします。


画像

[W]: Would you please explain your technique a little bit?
[R]: First, I prepare a container. Inside, I would pour resin for a depth of 1cm. I wait for two whole days for the resin to harden. Once the resin completely hardens, I would paint the fins of the goldfish with acrylic paint on to the surface. I then pour in another layer of resin. Waiting for another two days for the resin to harden, I would paint the body of the goldfish. I then pour another layer of resin, wait two days, paint…. I repeat this process to create a three dimensional goldfish. It takes time for each layer of the resin to harden, hence, it takes a long time to create one piece.
 For the container, I use common household objects like used dishware or something I picked up off the side of the road, bought at antique shops or even thrift stores. Not every container works. I only use containers that I can “see” goldfish swimming in it.


[W]: 作品で使われているテクニックについて教えてください。
[R]: まずは、器を用意します。その中に深さ1cm程度の透明樹脂を入れます。そして透明樹脂が硬化するまで2日間待ちます。透明樹脂が固まったらその上にアクリル絵具で金魚のヒレなどを描いていきます。そしてまた一層透明樹脂を流し込みます。そしてまた2日間待ちます。そして今度は胴体を描いていきます。そして樹脂をいれて・・・と、このような工程を繰り返していき、立体的な金魚が出来上がります。硬化する時間がいるため時間がかかります。
 また使用する器は、自分が使ってきた食器や道ばたで拾ったもの、また骨董店やリサイクルョップなどで買って来たものを使用します。器なら何でも言い訳ではなく、中に金魚の幻影が見た器でなければなりません。 


画像

[W]: What excites you the most when it comes to 3D painting? Could you describe the significance that sculptural work has for your artistic practice?
[R]: After completing a piece, I love seeing my goldfish swimming freely as if life was bestowed upon it. In order to see the final product come to life, the creation process does require a lot of effort and patience, and it does take a physical toll on me. Although it drains me, I keep working to see each of my goldfish come alive.
3D painting is a result of combining two techniques: painting and resin. By doing so, I am able to express a new found liveliness of the goldfish.


[W]: 3Dペイントをやってる上で一番楽しいことは?アート作品を作成する上で彫刻のような細工はどのような重要性がありますか?
[R]: 描いた金魚が最後には自分の手元を離れ、まるで泳ぎ出したかのような、命を宿した瞬間が見られることが楽しいです。しかしその分、制作には体力も忍耐力もいり、とても疲れます。疲れてもその瞬間が見たくて作っているように思います。3Dペイントは、絵画の手法に樹脂をプラスしたことで、今までになかった生き生きとした表現が可能になりました。



画像

[W]: How would you relate your expression to Claude Monet? And how is it different?
[R]: Claude Monet is known for his water lilies, but I don’t necessarily believe that he was very particular with his choice of water lilies. As proof, in his paintings, he is not concerned with a specific type of lily.
Monet used the water lilies to locate the water’s surface, applying an optical interpretation to his paintings. He transformed his work of art into a science. I believe that there is a notion of western materialism in his work. On the other hand, he is also famous for his love of Japonism. This explains why there is a mixture of both western and eastern influences in his works.
Another factor that I believe reveals eastern influences in the water lilies is that perhaps the reflection of the blue sky and the transparent bottom painted on the water’s surface. This is Monet’s way of depicting not the real world, but what the world would look like on the “other side.” In other words, I think that Monet was trying to paint the spiritual world. I can’t help but to think that the water lilies symbolizes as a border between the spiritual and the material world. In Monet’s paintings, both materialism and animism are present.
The goldfish that I paint is very similar to the relationship as of Monet and his lilies. The goldfish’s breed is not what is important; the very existence of goldfish itself is the key. The goldfish I paint is both a representation of me and a metaphor for human existence.
 To me, what is underneath the surface of the resin symbolizes the spiritual world. Even while I paint, I believe that what lies under the surface is a spiritual world where the painted goldfish and seaweed come to life. This is eastern animism. This stems from an experience I had as a student, when I visited a museum displaying Buddha statues and I felt as though they were moving. From that moment, I was determined to bring life to all of my works.
 On the contrary, I also know that what is underneath the surface is just matter and substance. It is a product of numerous layers of plane surface painting, and is in fact a world of just resin and acrylic paint.
 Therefore, similar to Monet, my art work is also a combination of animism and materialism.



[W]: クロード・モネの表現の仕方とどの様に共感できますか?比べますか?
[R]:
モネは睡蓮の絵が特に有名ですが、モネは、睡蓮という植物を描きたかった訳ではないと思います。それを証拠に彼は睡蓮の品種にこだわってはいません。彼は睡蓮を画面上の水面の位置を示すために使用することで、絵画を光学的に解釈し、絵画を科学に変えてみせました。それは私にとって西洋的な物質主義(materialism)的な考え方があると思えるのです。
 一方、モネがジャポニズムをとても好んでいたというのも有名です。だから彼の絵には西洋的な部分と東洋的な部分が混在していると思うのです。私が彼の睡蓮の絵に感じるもう一つの東洋的な部分、それは、あの絵に描かれた水面に反射した青空や透過した水の底の風景は、現実世界ではなく「向こう側」の世界を描いているのではないか?ということです。つまりモネは霊的世界を描こうとしたのではないかと思うのです。私には睡蓮が現実世界と霊的世界を分ける境界線として使われているように思えてならないのです。モネの絵には、物質主義(materialism)と霊魂信仰(animism)が混在しているのです。
 私の描く金魚は、モネの睡蓮と同じような関係にあります。品種が重要なのではなく、「金魚」という存在が重要なのです。私の描く金魚は、自分であり、また人間そのものの隠喩として考えています。私にとって樹脂作品の水面より下は霊的世界を暗示しています。描かれた金魚や藻など、水面より下の世界は絵画だけども魂の宿る世界だと信じて描いています。これは東洋的アニミズムだと思います。
 それは、私が学生のとき博物館で見た古代の仏像群が全て動いて見えた経験からきています。それを感じてから自分の作品に魂を宿したいと思うようになりました。しかし一方で、樹脂の水面の下には物質しか存在しないことも分かっています。あの中は積層された平面絵画であり、樹脂と顔料のみが存在する世界だということも考えて作ります。
 だから私の作品にはモネ同様、霊魂信仰(animism)と物質主義(materialism)が混在しているのです。


画像

[W]: The aesthetics of your works is both contemporary and traditional. How would you describe it?
[R]: I will explain the aesthetics of my work by describing how I invented the resin technique.
First of all, please think of what it means to use paint and pencil to draw on to paper. The concept of “painting” is placing “pigment” on a “flat base”, such as, paper, canvas, and wooden slates.
 Many abstract expressionists in America during the 1950s spoke out to dismantle the idea of traditional painting and moved towards the flatness of the plane. They advocated the relationship between flatness and pigment and how that has not changed since the first time humanity has started to draw, approximately 3000 years ago. With that being said, my technique consists of drawing on hardened resin surface, which is true to the idea of flatness and pigment, yet it does not veer far from traditional painting.
 However, the following step requires me to pour liquid resin on to the painted surface. This is where the notion of painting undergoes a transformation. The flat surface disappears. The relationship of flatness and pigment is broken, and only the pigment appears on the resin. Could you call a painting without a surface, painting? Should we call it a sculpture? This is my question to the present age.
This technique has not existed in the history of art for 3000 years, and I strongly believe that this is a truly innovative form of painting.
In addition, by utilizing clear resin, a more modernized material, the pigment is liberated from the limitation of the flat surface, casting a shadow at the bottom off the container.
 This shadow is humanity’s first look at an imprint left by the artist’s pure act of creation.

[W]: あなたの作品の美学は現代的であって、伝統的でもあります。あなた自身は作品をどう説明しますか?
[R]:
樹脂の表面に描くという私の生み出した画法から、現代と伝統ということについてご説明いたします。
 まず、私たちが普段、紙などに鉛筆や絵具などで描く絵画とは何かを考えてみてください。「絵画」という概念は、キャンバス、紙、木板などの「平面の支持体」に絵具などの「顔料」を付着させることです。このことを最も強く主張したのは、1950年代のアメリカの抽象表現主義のアーティストたちです。彼らは、絵画を解体し、平面性に向かっていった。 彼らが唱えたこの絵画の基本構造「平面の支持体と顔料」の関係は、人類が絵を描くようになってから現在まで3000年以上はほとんど変化していません。
 そこで私の画法ですが、硬化した樹脂の表面に絵具で描くという時点では、まだ「平面の支持体と顔料」の関係であり、絵画の基本構造は何も変わっていません。むしろ伝統的といえるでしょう。しかし、次の工程で私は描いた絵の上にさらに液体状の樹脂を流し込みます。この時、今までの絵画には存在しなかったある変化が起こります。
 それは「平面の支持体」が消えるのです。
「平面の支持体と顔料」の関係が崩れ、「顔料」のみが「樹脂中に浮く」という状態が生まれるのです。この「平面の支持体」を失った絵画は平面絵画と呼べるのでしょうか?彫刻と呼ぶべきでしょうか?ここに私の現代への問いかけがあります。 これは3000年以上続く絵画の歴史の中に全く存在しなかった革新的絵画だと私は主張します。
 そしてもう一つ、透明樹脂という現代の素材を用いることで、平面の支持体から解放された顔料のみの影が器の底に落ちます。この影こそ、人類が初めて目にする超純粋な作家の描画行為の痕跡の影なのです。



画像

[W]: The way you observe and treat goldfish is very philosophical, very meditative. How much of your inspiration is rooted in traditional Japanese philosophy?
[R]: People may think that I see goldfish in a philosophical light, but that is because like all Japanese, I have a very distinct view on goldfish. I am merely expressing what I see or feel in my day to day interactions with goldfish. But underlying this may be a special Asian or Japanese sentiment. Japan has a very long history with the goldfish, and there is a distinct emotional attachment to them as opposed to other domesticated pets. I only incorporate this unique sentiment into my art work. Being Japanese, it is a very natural perception. People from other parts of the world just saw that as different and new.
I draw my inspiration for my art work from different places, but my greatest inspiration is “Sadou,” the Japanese tradition of ceremonial preparation and presentation of tea. It may sound very simple, yet it is not just about making and drinking tea. Sadou requires spirituality. My grandmother in Nagasaki was a sadou instructor, and every time I would visit her, she would prepare tea for us, and was able to observe many beautiful tea bowls. I peek inside the tea bowl and imagine the past. The experience of holding and seeing beauty in the small cracks and smudges on the surface of the tea bowls allowed me to cultivate my own spirituality.
 Japanese sadou culture’s unique aesthetic is based on “Wabi Sabi,” meaning austere beauty. I always incorporate this aspect into my art. This unique aesthetic comes in to play when I select the container for the goldfish. Anything that catches my eye because of its subtle beauty- an expensive antique ware, a plastic container, an aluminum can, or even a dent in the mortar- I simply pour resin in to them and paint goldfish in it. This is how “wabi sabi” is reflected in my work.



[W]: あなたの金魚へ対しての接し方、観察の仕方はとても哲学的で思索的です。作品のインスピレーションはどれほどの日本の伝統哲学を元にしているんですか?
[R]:
哲学的に金魚を見ていると思われるのは日本人特有の金魚観があるからだと思います。私は、ごく自然に金魚に接し、感じたことを表現しているのですが、それが日本や東洋独自の金魚への感情があるのかもしれません。日本は古来より金魚とともに長い歴史を育んでいきました。そのため、金魚に対し、ほかのペットとは明らかに違う感情を持っています。私は、その独特の感情を作品に盛り込んでいます。ですが、それは日本人としてごく自然な感覚です。それが世界中の人たちには新鮮に見えたのかもしれません。
また私の作品へのインスピレーションはいろんな所から得るのですが、特に大きいところは日本の伝統の「茶道」などにあります。茶道は、ただお茶を飲むだけのものではありません。深い精神性が必要なのです。私の長崎の祖母が茶道の先生だったこともあり、子供の頃は祖母の家に行き、茶室でお茶をたててもらったり、たくさんの美しい骨董の茶碗を目にしていました。茶碗を覗き込み昔に思いを馳せたり、ヒビや汚れなどに美しさを感じたり、子供の頃に茶碗に触れることで深い精神性を養ったと思います。
そして、日本の茶道には「侘び・寂び」という日本独自の美意識があります。私の作品には、その「侘び・寂び」に通じる美意識が必ず入っています。金魚が入るための器選びは、このような美意識を感じるものでなければなりません。しかしそれは骨董にとどまらず、拾ったプラスチックの容器や缶、モルタルのくぼみなど、私が目にした美しいと思ったものに素直に樹脂を入れ、金魚を描くようにしています。それも伝統的な「侘び・寂び」に通じていると思います。



画像

[W]: Would you say goldfish are helping you reach enlightenment?
[R]: Most definitely. To me, goldfish is everything. It’s like J.M.W. Turner’s understanding on his perception of depth, or Claude Monet’s love for his lilies, or Marcel Duchamp‘s conceptual thought. By acknowledging the presence of goldfish, I was able to proceed to a deeper level of expressionism.
 15 years has passed since I was saved by my goldfish, and I refer to that incident as “goldfish salvation.” But all this time, I realized that I have only been trying to figure out why I had felt the sense of unease and the beauty in the goldfish, why I saw myself overlap with the goldfish, and the passion that fell upon me at the moment. I will continue my journey to find the answer.


[W]: あなたにとって金魚は悟りを得るための手助けをしていると言えますか?
[R]:
もちろんです。私にとっては金魚は全てです。言い換えるならば、ターナー(J.M.W.Turner)の空気であり、モネ(Claude Monet)の睡蓮であり、デュシャン(Marcel Duchamp)の思考であります。金魚という存在を得たことで、私はより一層深い表現の領域へ進むことができるようになりました。
また金魚に救われた出来事”金魚救い”が起こってから15年という月日が経ちました。いろんな金魚の作品を作ってきましたが、結局私は、あの時感じた金魚への得体の知れない不気味さと美しさ、そして金魚が自分と重なって見えた事など、頭に舞い降りて来た衝動(passion)を紐解いてきただけだということに気がつきました。これからもその答えを探し続けていきたいと思います。


画像

[W]: Could you please share something concerning your future plans?
[R]: I am planning to explore and develop newer technique with resin. I am sure that there are even more creative ways to express my work.
I would also like to perfect my work on flat surfaces and objects, and let more people see and enjoy my work!


[W]: 今後のプランについて教えてください。
[R]:
樹脂の技法はもっといろんな手法を開発していきたいと思っています。まだまだ表現できる面白いことがあるはずですから。また、樹脂以外の平面作品やオブジェ作品も完成度を上げていって、人々に知ってもりたいし、楽しんでもらいたいです。




画像


Thank you very much!
Riusuke Fukahori

ありがとうございました。
深堀隆介













記事へトラックバック / コメント


新たな品種の誕生「呼(ヨブ)」。

2014/05/30 09:22
画像

    ※呼と記念撮影


和金(にきこがね)、月光(げっこう)、白澄(しらすみ)・・・・

いままで生まれてきた僕の品種。


脳内養魚場のかけあわせによって生まれた新しい美しさをもつ金魚たち。


その仲間入りをするだろう新しい金魚が誕生した。



名前(後に品種名になるかもしれない)を「呼(ヨブ)」と名付けよう。


画像

僕の心の中の苦しい部分や悩みの部分を掘り下げていって、出した答えのまま、まさに呼ばれた衝動のままに描きだした金魚だ。

描いているとき、ものすごく楽しかった。


しかもベニヤ板に描いた。 


それは、ベニヤ板が美しいと思ったからそうしたまでで、キャンバスに描く行為より、自分にとっては自然な行為だったから選んだ。

現にいままでも僕はベニヤに描いた絵は多い。


今も、ベニヤ板の大作に取り組んでいる。

この呼もその一つだ。


画像



昔、20歳のころフィリピンの貧しい町に行ったとき、ある教会の食堂に「最後の晩餐」の油絵が掛かっていた。

それは、荒っぽく描かれたルオーのような画風で僕の目をひいたんだけど、もっと感動したのはベニヤ板に描かれていたことにあった。


キャンバスに描かれていたら、こんなに記憶に残らなかったかもしれないが、なにしろベニヤ板とその絵のマッチングがとても美しく見えた。


他人がどうであれ、僕には美しく思えた。


それから15年くらい経ったとき、ドイツでサイ・トゥオンブリーの巨大なベニヤ画を目にし、超超超・感動する。

その時忘れていたフィリピンのベニヤ絵を思い出した。



そんな思いがあり、ベニヤといえど僕にとって大変思い入れがある重要な素材の一つということに気が付いた。



だから、フィリピンの絵の画家とトゥオンブリーは、僕にとって何が大切なのかを教えてくれた恩師といえるだろう。





深堀隆介
Riusuke Fukahori























記事へトラックバック / コメント


福井展示 後記

2014/04/11 11:35
画像

※手伝っていただいたギャラリーの皆さん。
僕の隣のオレンジの服着た僕にちょっと似てる人は(前右2)、僕が学生の時、憧れだった彫刻科の先輩・遠藤研二さんです。撤去に駆けつけてくださいました(*^嬉^*)。





福井県・E&Cギャラリーでの個展「越の水と金魚」を終えて、本当にいろいろ考えました。


E&Cギャラリーは、福井大学が母体なのですが、僕は数年前までアカデミックな環境から何年も離れていました。

でも離れていたからといって、学問を考えてこなかったわけではありません。

僕は作品を作っているとき、「学問」としての側面は常に考えています。


最近、学校関係の講義などが増えてきたのは、僕の作品に対する考え方や姿勢などが、ようやく学問に通じてきたんじゃないかと思っています。
画像


こうして、福井大で講義をして、ライブペイントをして、展示もしてみると僕はやはり「学問としての側面も理解してほしいんだ」と思っていることに気がつきました。
画像


でも作品が売れなければ僕は生活していけないので、商売人に変わりありません。



でも学問も商売でしょう。





深堀隆介
Riusuke Fukahori










記事へトラックバック / コメント


背負ってくれる存在

2013/05/20 03:23
画像


最近、いままでにないほど描くことが楽しくて仕方がない。


「絵を描くのが生業なら楽しくて当たり前じゃないの?」と言われてしまいそうだが、正直つらい時もたくさんある。

画家は、絵を描くことが趣味ではないからこそ、仕事の部分で絶対に苦しまなければならないと思っているし、苦しむべきだと思っている。


だって趣味で絵を描いている人も、平日自分の仕事でつらいこともいっぱいあるでしょう。仕事はつらくて当たり前。誰でもそうして生きているわけです。



でもそうは言っても楽しいのです。描くことが。まぁ金魚ですけど・・・・。




最近になってやっと、「描くこと」を覚えたように思います。





自分のスタイルが確立し、自分の進むべき道が見えたような気がします。遅いけど・・・。



苦しむ苦しむと言っていますが、いままでも苦しいときに絵を描くことで癒されてきたわけで、

絵を描くという誰でも子供の時から持っている衝動は、疲れた心を癒す効果があるのだと思う。



僕は、内面の嫌な思い出や、自分の負の感情までも金魚の絵にぶつけます。かっこつけません。

でもそうすることで、僕の心は浄化されます。そしてそれが最後には美しい金魚になっているわけです。


金魚が僕のすべての負の感情を包み込んで抱擁してくれるような感じなんです。



だから僕にとって金魚という存在は、愚かな人間の行いを戒める、というより、そういう愚行すべてを生まれながらにして背負って生きてくれている存在なんだと思うんです。

僕らの代わりになって。


だから大事にしようね金魚。






深堀隆介
Riusuke Fukahori








記事へトラックバック / コメント


樹脂技法誕生について。〈警告〉真似する人が増えているので〈追記〉

2013/04/29 01:40
〈この過去のブログが最近になって検索数がふえて、現在の状況と違うために誤解を招くため、追記いたします。
この当時の状況を把握しないと、僕が樹脂技法を禁止しているように思われますが、けしてそのように言っているわけではございません。
このころ僕の名前をうまく載せて模倣品を売らせようとする悪質な業者がいた事。(漢字がわからない海外の人は僕の名前の漢字を形で記憶していますので、僕の作品だと思わせかねない) またネットニュースの記事で(英語圏のものも含め)、ちゃんと歴史を踏まえず、僕が模倣者の物を真似たと思わせるような記事もあったため警告をしました。 (追記2013/12/22)〉
画像

            ※命名「夕姫/yuki」 2012

最近、各方面より私へ報告があり、世界中で私の作風に似せた作品を作っている人がいる、ということを聞きます。



日本の皆さんにははっきり言っておきます。



私は、2002年よりこの技法をあみだし、約11年も模索しながらやってきました。

水草などの重ね方、立体に見えるように描くにはどうしたらいいかなど、お手本など無い中で自分自身で模索を続けてきました。


そうして積み重ねてきた技法を、3年前メディアに公表したことで、真似する作家が増えたのだと思います。(だから殆どの模倣者が3年以内に樹脂技法をやりだしているはずです。)



なので、彼らは、作品にその技法を使う理由は説明できないでしょう。なぜなら、私の制作工程を見て発想したから。


「この技法をどうやって考えたんだ?」と聞かれたら、「Riusuke Fukahori をみたから」と言うしかないのです。


あと模倣者の中には、積層が難しいからと言って、立体物を入れ、それに色を塗ったりしている、それは芸が浅いって。もはや3Dペインティングではない、ただの立体です。



私は、なぜ樹脂にいたったのか?なぜ積層するのか?なぜ上見の金魚なのか?樹脂技法の誕生した歴史を全て説明できます。

この樹脂技法は、私が過去に樹脂会社で働いたこと、スランプを金魚に救われたこと、私が歩んできた歴史の全てが凝縮し一体になっているんです。


日本の皆さんは、どうか日本で生まれたこの技法は日本の技術なんだということを知っておいてください。





それだけで結構です。


僕の技法を利用することは別にいいと思いますし、技術が発展することは歓迎します。

僕が言いたいのは、「プロのアーティスト」もしくは、「販売を目的として商品を作っている業者」を名乗っていて、そっくりそのまま作風(枡に金魚とか)まで真似るのはどうかと思います。

自分の表現を模索されたらどうでしょうか?








深堀隆介
Riusuke Fukahori
























記事へトラックバック / コメント


ドローイング

2013/03/03 21:10
画像

僕のドローイング金魚。


これはボールペンと油絵具で描いてます。


結構ボールペンが好きで、よくグルグルとドローイングしています。

ボールペンのスイスイと書けるところが好きです。


この描き方は実は随分昔からやってまして、大学生の時からですから、かれこれ20年くらいこの手法で描いてます。

といっても昔はモチーフに金魚はいなかったんですけどね(*^_^*)。


使う画材は様々で他にも、鉛筆、クレヨン、水彩絵具となんでもありです。


一時、鉛の塊りや赤チン、さらには金魚の薬「メチレンブルー」などを使った時もありました。



そんなドローイングを人前に出したことはそんなにありませんでした。 というのも、あまりウケなかったからです。

そんなに自信もなく、自分の中だけで終わらせていました。


画像

でも、僕はこれらの作品が好きだったので勇気をだして4年前のドイツの初個展の時に2点出品したところ、現地でかなりウケまして、すぐに売れてしまいました。


僕はこの時、「もっと自分を信じて」やっていこうと思ったわけです。


といっても、今でもそんなにウケるものではないですが。


でももう一つの金魚の表現であり自分でもありますから、知っていただけると嬉しいです。

画像











深堀隆介
Riusuke Fukahori













記事へトラックバック / コメント


美術手帖 3月号に取材記事が載ってます。

2013/02/19 22:17
画像


2月18日発売の「美術手帖」3月号(美術出版社)のアクリリックスワールドというコーナーで僕を取り上げていただきました。

うまく編集していただいて感謝です。「金魚の呪い」というタイトル・・・グッドです。


今号の特集は、光栄なことに僕が最も好きな画家のひとり、フランシス・ベーコン!!

しかも、これまた最も好きな画家のひとり、ゲルハルト・リヒターの記事もある!!(これは夢か?!)

ここに一緒にしていただけたというのは何の因果か・・・・。そう思ってしまう僕でした。



ちなみに定価1600円です。

どうぞよろしくお願いします。





深堀隆介
Riusuke Fukahori






記事へトラックバック / コメント


拾ったタイルとウルトラマン

2013/02/08 10:49
画像

2,3年前の写真。


三浦の海で拾ってきたタイルと、あるリサイクルショップでゴミのように売られていた大量の人形の中から見つけたウルトラマン。

2つとも、なんか惹かれたから持ってきたもの。

よくよく考えたらさ、タイルって水場をイメージするし、その基盤のコンクリートは水が作用して固まる、いわば水作った造形なわけです。だから、なんだか金魚に通じる。


一方ウルトラマンは、背中に水たまりができる穴があったから、そこに金魚描こうと思ったことと、

ウルトラマン自体が、金魚の赤と白の更紗模様だったことに惹かれたんです。


ウルトラマンの彩色デザインは、日本人の金魚好きが関係あるように思います。


そんな歴代のウルトラマンは、ずっと赤白の金魚の配色でした。でも近年は、青色も混ざり・・・・



とうとう青いウルトラマンも登場しました。


最初は抵抗があったけど、今ではかっこよく見えます。

青色の色素は金魚はもっていません。 熱帯魚の色です。



もしかすると、このデザインの変化の中に日本人の観賞魚に対する趣向の変化が見て取れるのではないかと思います。




金魚鉢からのアクアリウムへ。 観賞魚の広がりをウルトラマンに見てしまうんです。

ウルトラの系譜は、金魚の系譜のようでもあります。どんどん品種改良されていくわけですし。

そして青いものが生まれるまでに至った。


でも、どんなに発展していっても、僕は初代ウルトラマンに惹かれてしまいます。



あれは、まさに和金に通じる気がするんです。





深堀隆介
Fukahori Riusuke









記事へトラックバック / コメント


割れの美、欠けの美

2013/01/17 20:12
画像

僕は樹脂作品を作る際に、描く金魚も重要ですが、「器」の方もかなり重要なんです。


金魚を描く器は、何でもいいわけではなく、特別な意味みたいなものを器に求めてしまいます。


そのせいか使う器は、誰かが使ってきた愛用品や、自分が使って欠けてしまった陶器などをよく使います。


割れたり、欠けてしまった器を、コチョコチョと自分なりに補修します。


この補修したところに、何だか知らないけどキュン! ってくるんですね。わたくし。

画像


新品の器より、僕は好きです。

割れの美、欠けの美と申しますか・・・・・いいでしょ、こういうのも。


だってさ、新品の器って職人さんがお茶飲むために・・とか、ご飯よそうために・・・とか、日常で使ってくださいという気持ちで作ってくれたものでしょ。

だから新品を僕の作品にするために使うのは気が引けちゃうんです。やっぱり日常生活で使ったほうがいいわけです。



でも不注意で割れるんですよね陶器って。 

そこで、こういった役目を終えた器をもう一度使えるように直して、自分の作品に使ってあげようと思い、いつしか使い古された陶器や木椀を使うようになったわけです。

画像


そういった歴史をもった器の方が、金魚も浮かんでくるんですよ。不思議と。

すでにこの器たちには金魚が見えます。みなさんは見えますか?

画像







深堀隆介
Riusuke Fukahori









記事へトラックバック / コメント


もうすぐ40かぁ(三猿になろうかな)

2012/12/18 01:26
僕もとうとう40歳に近づいてきた。


信じられない。 


感覚は33歳あたりで止まっている。


「何歳ですか?」ときかれると「33歳」と脳は自然と思っている。


もっと言えば、学生のころから何にも進歩していないような気がする。


もっと技を磨きたい。 老いぼれて死ぬまでそう思って生きたい。



でも作る技術は、今の方が達者でも、発想はむかしの若いころの方がよっぽど斬新なことをしていて、今あらためて見ると面白い。(昔のスケッチブックとか出てきて見て思う)


そういえば、30過ぎたころから、昔の感覚を取り戻そうとしている自分がいるのに気がついた。

今やっている仕事は、若いころの焼き直しでしかない。


いまの自分の技で、もう一度やってみるような感じかな。



さらに昔の高校生の頃とか、何もこわくなかったもんねぇ。 「美術とかダサ!」って思っていたし・・・。


何も知らんくせによく言ったもんだ。若さってこわい!



でも、それくらいの井の中の蛙がいいんだと思いますよ。というか必要なんだと思います。

年とっていくと、いやでも外の怖さを知るわけで・・・・



怖さ知ったうえで、もう一度井の中の蛙になってみるのもいいんじゃない?



そしてこれからは、あえて、「見ざる言わざる聞かざる」になってみようと思う。


見たくないものは見なくていい。 言わなくていいものは言わなくていい。 聞きたくないものは聞かなくていい。

そんな姿勢も必要なんだと思う。ブレずに制作していくためなら。最近そう思う。



死んだお爺ちゃんが昔よく墨絵で「見ざる言わざる聞かざる」の三猿を描いていた。

今その意味がなんとなくわかる気がした。

画像


(でも、こんなに語ってては、「言わざる」にはなれんなぁ)




深堀隆介
Riusuke Fukahori




記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
記念すべき魚の作品第1号(卒制から金魚へ繋がる道)
記念すべき魚の作品第1号(卒制から金魚へ繋がる道) 名古屋の実家にある僕のむかしの作品をご紹介します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/13 14:27
額屋さんか? 僕
額屋さんか? 僕 最近、額ばっかり作っている自分。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/16 06:02
金魚は夏の物?
金魚は「夏の物」という感覚が日本人にはあります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/11 17:24
香港個展 ライブペイントの様子 そのA 
香港個展 ライブペイントの様子 そのA  (ビッグローブの大規模なサーバーのメンテナンスのせいでブログの更新ができませんでした。すみませんでした。今後不具合が続くようならば移転も検討しています。) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/05 18:20
国新美SFT「色浴ノ秋」展開始&脱・和風の話。
国新美SFT「色浴ノ秋」展開始&脱・和風の話。 国立新美術館B1にあるスーベニア・フロム・トーキョー(SFT)にて個展「色浴ノ秋(しょくよくのあき)」が始まりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/20 06:44
阿修羅像の後ろで寝た男 (魂をみた日)
阿修羅像の後ろで寝た男 (魂をみた日) 僕は、名古屋生まれだけども小学生のころから奈良県に惹かれていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/05 22:23
作品の購入について
作品の購入について 昨日の未来シアターの反響がいまだに続いております。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/02 03:23
アーティストも無職から
アーティストも無職から アーティストを目指すとき、だれでも最初は無職になる。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/20 01:44
のんびりしたいけど・・・・
のんびりしたいけど・・・・ 今年の7月は、今までに経験したことがないほど、忙しかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/29 14:27
気づかない美、それは近くに
気づかない美、それは近くに 僕が金魚を描きだしたきっかけになった「金魚救い」が起こった時、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/04 01:09
ハネ金魚より、エリート金魚へ物申す!
ハネ金魚より、エリート金魚へ物申す! やいやい!俺は、稚魚のとき選別で、みっごとに!みっごとにハネられた金魚ですけど何か?! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/21 00:36
金魚酒について 「一合枡と5勺枡の違い」
金魚酒について 「一合枡と5勺枡の違い」  ※↑注意!この画像は昔のものです!今できたわけではありません!誤解させてすみませんでした! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/28 10:14
アートで食べていくということA
アートで食べていくということA アートで食べていくことに限らず、独立して食べていこうと思っている人へ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/25 01:22
アートで食べていくということ(再)
アートで食べていくということ(再)   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/16 10:01
ヨコハマ創造センター「天野太郎」氏の講演を聞きに
ヨコハマ創造センター「天野太郎」氏の講演を聞きに 僕のブログ記事「アートで食べるということ」(現在は一時停止中)をご覧になったヨコハマ創造センター(YCC)の松尾氏からお誘いいただき、いまYCCで行なわれている講座(全3回)「アートで生計を立てるぞ」を聞きに行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/25 15:36
樹脂中に描くという発見。
樹脂中に描くという発見。 アンビリーバボーの放送後、大変な反響をいただきありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/21 23:52
覚えてほしい・・・樹脂は時間がかかる。
覚えてほしい・・・樹脂は時間がかかる。 最近、海外のいろんなギャラリーや美術館から出展依頼がくる(まだ日本の美術館からきたことないのに・・・)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/08 09:56
Goldfish Salvation 金魚救い(Kingyo Sukui)
Goldfish Salvation  金魚救い(Kingyo Sukui) * Kingyo Sukui: It normally means “Goldfish Scooping,” but the artist uses a homonym Chinese letter to create a unique expression, which can be translated as “Goldfish Salvation.” ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/19 22:27
1月13日 今日39歳になりました。I am 39years old! today!
1月13日 今日39歳になりました。I am 39years old! today!                              ※金魚と見つめ合う ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/13 00:00
僕は樹脂作家ではない
僕は樹脂作家ではない 世界中で、僕の樹脂の技法がやっぱり面白がられてしまっていますが、これだけは言わせてください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/10 13:33
ゴーカイジャー から考えたこと。
ゴーカイジャー から考えたこと。 日に日に大きくなっていく息子。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/30 00:42
世界恐慌を前に
世界恐慌を前に 何だか、世界規模で不況の兆しが現れてきているような気がするのは僕だけでしょうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/07 00:50
芸術とは。
芸術とは。 ( こもると言いましたが、ブログを書きたくなったので書きます。)   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/29 07:37
ロンドンに向け只今制作中
ロンドンに向け只今制作中 さあ、これから樹脂をいざ入らん!とする注入直前の樹脂作品たち。みんな緊張しているようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/04 13:39
石井竜也さんの曲を聞いて。
石井竜也さんの曲を聞いて。 先日、東京FMの番組・石井竜也のディア・フレンズ に出演した際、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/25 23:09
皆さん「金魚」を思い浮かべてください。
皆さん、「金魚」を思い浮かべてください!   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/31 02:17
金魚絵師
金魚絵師             ※個展「金魚浴2010」カタログ表紙           ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/19 11:28
制作姿勢(アティチュード)2 僕の制作姿勢に興味ある方だけお読みください。
制作姿勢(アティチュード)2 僕の制作姿勢に興味ある方だけお読みください。 (僕の制作姿勢に興味ある方だけお読みください。) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/01 04:08
うず 死す
うず 死す 可愛がっていたジャンボオランダの「うず」が死んだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/17 12:06
僕が美しいと思う金魚たち(僕の作品姿勢に興味ある人は読んでください) 
(僕の作品姿勢に興味ある人は読んでください)  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/22 00:28

トップへ | みんなの「制作姿勢」ブログ

深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒 制作姿勢のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる