アクセスカウンタ

<<  2014年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


大阪でライブペインティング無事終了

2014/11/26 21:33
画像

大阪駅グランフロント大阪にあるインターコンチネンタル大阪でのライブペインティング(以後ライブ)が無事終了しました。

当日は満員御礼となり、本当にありがとうございました。

今回も楽しくやらせていただきました。

画像

衣裳は、半纏、前掛け、鯉口シャツ、股引き、足袋、笠など養魚場のおじさんをイメージした格好をしてみました。結構お金かかってます(ーー;)


でもこれからこの格好でいこうと思います。



画像


で、今回は20階にあるロビーの一角にある「3−60」というバーで行ったため、大阪の摩天楼を背景にライブしました。

なんて贅沢な景色でしょう!そこを泳ぐ冬の金魚を描きました。


音楽には、以前調布でのライブでご一緒した斉藤尋己さんをお迎えしました。


彼のピアノはどことなくコンテンポラリーで、このインターコンチネンタルホテルのラグジュアリーな空間ととてもマッチしていました。

今回も彼の音に本当に助けられました。



画像

描くパネルは2.4m×2.4mの大きなものを用意していただきました。

そして、2回目となる黒地の紙に描くことになり、またちょっと興奮。


僕の好きな組み合わせ雪と金魚を描きましたよ〜

お話もいっぱいさせていただき、ライブ後のディナーでは、皆さんが「面白かったよー」と僕をたたえてくださって、本当に感無量でした。




画像

※台所がありました。長期滞在もできますね。

そしてインターコンチネンタルさんが僕たちのために用意してくれたお部屋はかなり広くて、わが子供たちはもう大はしゃぎ!!


いつものボロ家とはちがうし、ましてや、旅行行ってもまず泊まれないような高級なお部屋に、子供も家内も超お気に入りになったみたいです。

※《余談》3歳の息子にいたっては、うちに戻ったとき、タクシーから降りず「ここぢゃない!ここぢゃない!新ちいの!!」といって泣きわめいたそうな・・・僕はちょうどいなくて、家内から聞いた話ですが(#^.^#) ※

画像

まぁ、そんなわけで、本当にインターコンチネンタル大阪の皆さんにお世話になりました。

以前打ち合わせのとき、「子供のこともあってマネージャーの奥さんが当日は来れない」と言うと、外国人の上司の方が「子連れでもOK!部屋は用意する!カモン!」といってくださったおかげで、子供達も良い経験ができました。

本当に寛大なご配慮に心から感謝します。


いろんな方々の力をあわせて、僕のライブペインティングは無事に終わることができたと思います。

広報活動や会場セッティングなどしてくださったホテルスタッフの方々。
広告デザインや会場の造作制作、ディレクションなどしてくださったノムラデュオさん、鯵坂さん。
フラワーコーディネートしてくださったローズバットさん。
サウンドを担当してくださった音楽家の斉藤尋己さん。
そのほかたくさんの方々からお力をいただきました。

本当に皆さんのおかげです。ありがとうございました。


画像

※最後に主要メンバーで記念写真




深堀隆介
Riusuke Fukahori



















記事へトラックバック / コメント


ロンドンで個展します。Exhibition in London

2014/11/18 20:19
画像
I will hold my solo show in London in December.
12月にロンドンで個展いたします。


場所はBrick lane gallery(ブリック・レーン・ギャラリー)です。その名のとおり、イーストロンドンのブリックレーンにあります。


ロンドンに知り合いのいるかたなど、お知らせしてあげてください。

詳しくは下記のサイトに載っています。



http://wsimag.com/art/12103-riusuke-fukahori-goldfish-salvation-2



今回は「まぼろし」をもっていこうと思います。






深堀隆介
Riusuke Fukahori





記事へトラックバック / コメント


大阪ガラディナー&ライブペイント中止のお詫びと変更

2014/11/15 12:05
画像

まずは、謝らなくてはならないご報告があります。
インターコンチネンタル大阪で開催予定だった最高級フランス料理ガラディナー&ライブペインティングは、中止になりました。
すでにご予約いただいていたお客様には心よりお詫び申し上げます。
本当に申し訳ございませんでした。

私もこの報告を受けた時は、これもまた試練か・・と落胆しておりましたが、インターコンチネンタルさんもいろいろご配慮くださって、何とか別会場にてライブペインティングを開催できるようにしてくださいました!しかも5000円で鑑賞できるプランもご用意してくださいました。
<プランA>
●ライブペインティング鑑賞(シャンパン飲み放題、カナッペ付)
お一人様5,000円(税サ込)

<プランB>
●ライブペインティング鑑賞(シャンパン飲み放題、カナッペ付)
ペイント鑑賞後
●ミシュラン一つ星フレンチレストラン「Pierre」にて、特別ディナ お一人様25,000円(税サ込)
※もちろん総料理長トビアス・ゲンスハイマー氏監修です。

会場も20階の大阪の町を展望できる大ガラスのあるところになり、夜の大阪の町を背景に聖夜の金魚を描けることになりました。逆によかったかもしれません。
そして音楽には斉藤尋己氏を迎え、彼の演奏も背景にして、私が2014年最後の大金魚を描きます。

どうぞよろしくお願いいたします。 

詳しくはインターコンチネンタル大阪のサイトをご覧下さい。
↓↓
http://icosaka.com/news/detail.php?no=MTIw
フェイスブックページ
↓↓
https://www.facebook.com/InterContinentalOsaka




深堀隆介
Riusuke Fukahori





記事へトラックバック / コメント


金魚養画場 帆前掛け完成!!

2014/11/14 12:49
画像
帆前掛け作っちゃったよ〜

金魚養画場のロゴマークが入った帆布の前掛け。

ライブペイントなどで着用しようと自分用に発注したものなのですが、余分に各色3枚づつ余分を作りましたので販売しようと思います。

昨日到着したので、夕方にリトルハイに納品してきました。
出来立てホヤホヤっす。受付のお姉さんはこれをかけて店頭に立ってくれています。

しかし、昨日の時点で既に数枚売れてしまいましたので、お越しの際には店頭に無い可能性もあります。あらかじめご了承ください。

評判がいいようなら追加で作ろうかとも思っています。それまでお待ちください。

※先立ってフェイスブックでの反響がすごかったので追加で作りたいと思います。※


「金魚屋さんとか板前さんとかバールのウェイターさんとか、つけてくれたらうれしいなぁ。」





深堀隆介
Riusuke Fukahori



記事へトラックバック / コメント


個展「金魚は上見で」中野ブロードウェイで開催中

2014/11/13 09:08
画像

今日から中野ブロードウェイ4階にあるギャラリー「リトルハイ」にて

個展「金魚は上見で」


を開催中です。

今年、4階にできた小ぢんまりしたギャラリーですが、何とか見ごたえのある展示になったと思います。

江戸川アートミュージアム所蔵の作品と今出来たての作品を並べました。技術の変遷もご覧になれると覆います。

画像

そして今回はなんと!僕の大好きな古墳の小部屋も作りました。

前方後円墳と金魚。 日本の古代王家に見る金魚との意外な共通点とは? これは来ないとわかりませんぞ!!
画像

今日から12月2日まで。


小さな展示ですが、皆様のお越しをお待ち致しております。

http://www.little-high.com/



深堀隆介
Riusuke Fukahori








記事へトラックバック / コメント


明朝、ラジオ番組に出演します。

2014/11/11 18:05
画像

TOKYO FM(80.0MHz)のラジオ番組に出演します。

番組名 "ホンダ・スマイル・ミッションHonda Smile Mission"
日時 11月12日(水曜日)午前 8:10−17

http://www.tfm.co.jp/smile/
TOKYO FM系列の全国FM局から放送されますので。是非聞いてください。


ルーシーさんがアトリエに取材にきてくださいました。
ルーシーさんが浪曲師の玉川奈々福さんにそっくりだったから、その話したらケイコ子先生こと現在は浪曲師の春野恵子さんとお知り合いだったのでビックリ!世間って狭いなぁと思いました。



深堀隆介
Riusuke Fukahori





記事へトラックバック / コメント


ライブペインティング&ガラディナーin大阪

2014/11/08 02:28
画像

GOLDFISH IN THE SHOW!!
「聖夜×金魚」

クリスマスにはまだ早いかもしれないけど今回は、インターコンチネンタル大阪にて総料理長トビアス・ゲンスハイマー氏監修による最高級フランス料理をご堪能いただきながら、聖夜と金魚のライブペインティング・ガラディナーを行います。
はたしてどんな金魚が生まれるのか?是非その瞬間をご覧下さい。
お待ちいたしております。


■2014年11月21日(金) 
■インターコンチネンタルホテル大阪 2F宴会場「HINOKI」
■18:30〜19:00 受付 & ウェルカムドリンク  
 19:00〜21:00 深堀隆介によるライブペインティング&ガラディナー
■お一人様 35,000円
■メニュー 総料理長トビアス・ゲンスハイマー監修による
      4コースメニュー、ペアリングワイン付



料理のメニューなど詳しい内容や予約申込フォームは下記のインターコンチネンタル大阪のサイトをご覧下さい。
INTERCONTINENTAL HOTEL OSAKA,The show's website.
↓↓
http://www.icosaka.com/admin/upload/news/1414480464_049716000.pdf


今までにない金魚になると思います。

僕も真剣に向き合い、最高の作品にしたいと思っておりますので、ご覧いただけると本当に嬉しいです。

頑張ります。




深堀隆介
Riusuke Fukahori








記事へトラックバック / コメント


白絵展へ。 神奈川県立歴史博物館

2014/11/03 21:32
画像

横浜の桜木町駅ちかくの神奈川県立歴史博物館


お目当ては特別展の「白絵展」だ。


NHKの日曜美術館で見てちょっと気になる屏風があったので是非みたいと思ってのことだ。



今回のポスター(↑画像)にもなっている白絵の屏風。正直、色がないのがとっても綺麗だと思った。


胡粉(ごふん・・・牡蠣殻などから作られる日本の白色)と雲母(うんも・・・パール色の鉱石でキラとも言う)のみで描かれた屏風で美しい。


和紙のカーキ色がまたいい感じだが、これは最初はもっと白に近かったと思う。経年変化で茶色くなったのだろう、でもそれがかえって鶴や松などを引き立てていい効果を生んでいる。


この屏風を見に行こうと思ったきっかけは、5年くらい前に、僕も胡粉と雲母のみで白い和紙に白い出目金という白絵のような作品を描いたことがあって、もう一度僕なりの白絵の作品を作り直してみようかなと思ったからだ。


日曜美術館を見た時その作品のことを思いだした。



僕のお目当ての白絵の屏風は、案外メインではなくて最初の方にちょこんとあった印象だった。もっとメインで最後の方にドドンとあってもいいんじゃないかなと思ったけど、まあいいか。

屏風の前に立ち止まる人もあんまりいなくて、やっぱり一般人ウケはしないのかもしれないけど、僕にはこの屏風は感動だった。






歴史博物館は実は初めて行った。こんなに歴史的建造物があったことに驚いたし、歴史好きの僕がなんでもっと早くに足を運ばなかったのか悔やんだ。






深堀隆介
Riusuke Fuahori













記事へトラックバック / コメント


偶然見えた煙・・・

2014/11/01 21:57
先日の29日のお昼、ランチにご招待いただき、お台場のとあるホテルへ。

30階にある鉄板焼きのレストランへ行きました。

久々の鉄板焼きに興奮し、あつあつの焼きたての鯛やステーキを堪能しました。


そのレストランは30階という展望をいかし、全面ガラスになっており、お台場の景色を見ながらお食事ができるところでした。僕らが座った席から築地やレインボーブリッジなど東京のビル群が見えていました。

東京タワーとスカイツリーを見ながら「あれは○○かな?これは○○かな?」と景色を満喫していました。



その時、スカイツリーの左横のあたりからまっすぐ立ち上る煙がみえました。



しばらくして煙は上空のジェット気流で上部が東に流され逆L字形になりました。ちょうど゛゛←こんな形です。

そして徐々にうっすらしていきました。


火事かも?と思った僕はウエイターさんたちにあの煙は何か尋ねました。


お店の皆さんは一生懸命調べてくれて、ちょうどその先に可燃物の焼却施設があることがわかり、ゴミ焼却場だということでこの時は一件落着しました。


でも僕は、腑に落ちませんでした。 なせなら煙に含まれる有害物質などにうるさい昨今で、煙をモクモクだしているゴミ焼却場なんて見たことなかったためです。



時間はちょうど13時30分ごろ。



そして、先ほどよりは弱いがモクモクっと2度目の煙が立ち上りました。



僕は、疑問を抱えながら料理を終えてアトリエへ帰りました。

そして、その日の夕方、家に帰ってニュースをみて愕然となりました・・・・



画像


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20141029-00000031-ann-soci

まさにあの時間と方角がピッタリだったからです。


二度目の煙は、きっと壁が崩壊した時のものだと思います。


30階からだと案外近くに見えるものでした。

死者がでなかったのは不幸中の幸いでした。






深堀隆介
Riusuke Fukahori







記事へトラックバック / コメント


<<  2014年11月のブログ記事  >> 

トップへ

深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒 2014年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる