深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒

アクセスカウンタ

zoom RSS 白絵展へ。 神奈川県立歴史博物館

<<   作成日時 : 2014/11/03 21:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

横浜の桜木町駅ちかくの神奈川県立歴史博物館


お目当ては特別展の「白絵展」だ。


NHKの日曜美術館で見てちょっと気になる屏風があったので是非みたいと思ってのことだ。



今回のポスター(↑画像)にもなっている白絵の屏風。正直、色がないのがとっても綺麗だと思った。


胡粉(ごふん・・・牡蠣殻などから作られる日本の白色)と雲母(うんも・・・パール色の鉱石でキラとも言う)のみで描かれた屏風で美しい。


和紙のカーキ色がまたいい感じだが、これは最初はもっと白に近かったと思う。経年変化で茶色くなったのだろう、でもそれがかえって鶴や松などを引き立てていい効果を生んでいる。


この屏風を見に行こうと思ったきっかけは、5年くらい前に、僕も胡粉と雲母のみで白い和紙に白い出目金という白絵のような作品を描いたことがあって、もう一度僕なりの白絵の作品を作り直してみようかなと思ったからだ。


日曜美術館を見た時その作品のことを思いだした。



僕のお目当ての白絵の屏風は、案外メインではなくて最初の方にちょこんとあった印象だった。もっとメインで最後の方にドドンとあってもいいんじゃないかなと思ったけど、まあいいか。

屏風の前に立ち止まる人もあんまりいなくて、やっぱり一般人ウケはしないのかもしれないけど、僕にはこの屏風は感動だった。






歴史博物館は実は初めて行った。こんなに歴史的建造物があったことに驚いたし、歴史好きの僕がなんでもっと早くに足を運ばなかったのか悔やんだ。






深堀隆介
Riusuke Fuahori













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

白絵展へ。 神奈川県立歴史博物館 深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる