深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒

アクセスカウンタ

zoom RSS モネの睡蓮の絵に金魚が見えるのですが・・・

<<   作成日時 : 2014/01/31 13:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

     ※問題の睡蓮の絵(画集より)

昨日、国立西洋美術館のモネ展へいってきました。

モネは、僕がもっとも好きな画家でもあります。



その展覧会の中で、あの有名な睡蓮の絵が2点あったのですが、その中の1907年に描かれた睡蓮の絵を見ていて、


「あれ?これ金魚かな?」

と思われる影を発見したんです。


画面中央から下にある2つの大きな睡蓮の塊の間に、チラホラと金魚らしき赤い筋が描かれています。

画像



でも金魚なんているわけないとも思いますよ、なぜなら晩年のモネは画中に人間や生物を排除し、水面と睡蓮のみの睡蓮の絵を完成させたんですから。


だからモネの睡蓮の中に生物がいるわけないのですが、僕には金魚らしきものが見えるんです。


さざなみかもしれません。 でも赤い金魚と底に写った影のようなものも見うけられます。



数にして、3匹から5匹、、もっと甘くみれば、相当な群れにもみえます。


もちろん、金魚ではないとは思いますが、もしかすると1907年の頃のモネの自宅の睡蓮池には金魚が生きていたのかもしれません!

睡蓮池を作ったばかりの頃に、金魚でも入れてみようとモネは思ったかもしれません。

これが当たっていれば大発見かも(#^.^#)!!




いずれにしろ証拠はありません。でも、僕の夢ですね。


印刷物では少々伝わりづらいので、これからモネ展へ行かれる方は、その目でみてみてください。







深堀隆介
Riusuke Fukahori





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

モネの睡蓮の絵に金魚が見えるのですが・・・ 深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる