深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島の現状@

<<   作成日時 : 2012/04/15 22:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

水底の花展のため福島を訪れたのは、福島の皆さんに楽しんでもらうためと、もう一つ、福島の今を見たかったということがありました。

今回、いろいろ僕が知った事や、県民の方に聞いた事などを何回かに分けてお話ししたい。


画像


  福島の本当の復興は、県民の方々の精神の復興である。


農家への被害は、ことのほか大きく、汚染や風評被害で農業ができなくなってしまった人が、精神が不安定になってしまい、暴力的になってしまったり、お酒に走ったり、自殺者もでたそうだ。


福島の人たちは精神面で、本当にご苦労されています。




僕が聞いた行政の補償制度で「おかしな事」を1つお話しします。


お米農家への補償金は、汚染された自分の田んぼで(出荷できない)お米を作らないと、補償金がでないそうです。変だとおもいません?

お米農家にとって、米作りは命である。 プロとして出荷できないお米を作れといわれても、作る意欲が湧くわけないし、

まして、食べてもらって喜んでいただきたい一心で作っている農家の皆さんにとって、こんな屈辱的な事はないでしょう!


「この辺のお役所的発想はどうにかならないのかねぇ?」



あと、もう一つ。
福島第1原発で作られた電気は、全て関東に行っていたこと・・・知ってました?関東在住の皆さん。

福島県民は全く使っていなかったんです。


福島の皆さんを苦しめている原因の一つにわれわれ関東人が関わっているんです!

それだけでも知っておいてください!


電気をド派手に使うのは、もうやめませんか? そういう時代は終わったように思いません? 

照明も、ハロゲンライトや蛍光灯を、LEDに変えたりするなど、節電することが福島のためになるのではないでしょうか?


(心の声) ド派手建築もいらねー!な! そんな建築デザイナーは本当にいらねー!!!ダサいから!!景気の良いお隣りへ行ってくれ!!



ほんと東電は何故もっと太陽光発電や、地熱発電、潮流を利用した発電など、やらないんでしょう?

福島まで200km以上も超巨大な送電線をひいてまで福島に原発を作った理由はなんでしょうか?

200kmというとてつもなく長い送電線を作るのに何億円もかかることを何故しなきゃいけないの?

それより、関東の人が使う電気なら、お台場や横浜港あたりに原発作ればいいのに、そっちの方が送電線も短くてすむし、低コストなのに何故しない?安全なんでしょ?


(またまたちょっと心の声)
東電の最高責任者は、値上げ値上げと言う前に、福島県民、そして今もなお他県へ避難している福島県民、1人1人全員に謝罪しなさい! 



画像

来福中、福島で食べたお米、野菜、魚、皆おいしかった。お米は特にうまい!さすが米どころだ。

福島産の野菜は、放射能検査の厳しさや、県民の方々の放射能への知識や経験が功をそうし、今や最も安全な野菜と言っても過言ではない。

検査をしない他県の野菜は、実際汚染の実態はわからない。

外国産のものは、もっとわからない。 この辺りはパンドラの箱が開いたように思う。


常円寺の周りの除染は、行政は全然動いてくれないので、ご住職やボランティアの方々の力で、ほぼ完了していたが、あえて汚染土を残してあるところ(ホットスポット)の地表にガイガーカウンターを置くと、ピー!ピー!と警告音が鳴りっぱなしになる。
画像

↑ここで毎時40マイクロシーベルト(と読んだと思う)高い数値だそうです。あまり長時間はいない方がいい値です。 以前は、これが全体に広がっていたいうから怖い。(ここを離れると0.2マイクロシーベルト前後)

地表の数値と空中の数値では全然違うが、地表面はより高い値が出る。 子供がいる僕なんかは考えてしまう。大人はまだいいけど、子供は地表にも近いから、強く放射線を浴びてしまうだろう。

画像



しかし、怖がることより、放射能とどう向き合っていくか、正確な知識が必要だと思いました。


僕の家系も長崎で原子爆弾を受けています。


日本は核の被害を3回も受けた世界から見ても稀有な国です。

どうか、日本は核に頼らず、世界のお手本となるような国になってほしいと思います。





深堀隆介
Riusuke Fukahori




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

福島の現状@ 深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる