深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒

アクセスカウンタ

zoom RSS 島田紳助さんへ

<<   作成日時 : 2011/08/24 13:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

YUITOでの個展が終わり、搬出作業をしていた夜、突然舞い込んだ紳助さん引退のニュース。

本当にビックリしました。え?何で?こんなに波にのっているときに!と思いました。


だから今回のブログは、個展のご報告をしようと思っていたのですが、その前に、やはり僕なりの紳助さんの事を書こうと思います。


僕が、去年の12月に日本テレビの人気番組「行列のできる法律相談所」(以後、行列) に出演出来たのも、紳助さんがたまたま「ぶらり途中下車の旅」の僕が出ているところを見ていて、「作品がみたい」と行列の会議でプッシュしていただいたお陰でした。
画像

しかも、行列初となる木村拓哉さん出演の時に、僕をぶつけていただいて!とても緊張しましたが、確かあの時の行列の視聴率は、週間視聴率ランキングで総合2位(ちなみに関西圏1位!)になったので、僕の作品がお茶の間に広まるきっかけとなりました。


だから僕は、島田紳助さんにとても感謝しています。


今では、どこいっても「TVで見たことがあります」と言われるようになりました。当たり前ですが、いままでこんなことは経験したことがありません。

だから今回の紳助さんの引退は、本当にショックでした。

僕、個人的には引退しなくても全然いいんじゃないかと思いますが、いろいろあるのでしょうし、紳助さんなりのけじめなのでしょうね。

僕は本当にいい時期に紳助さんにお会いできたんだと思います(不謹慎な発言をお許しください)。


思えば、行列の撮影では、フリートークを2時間くらいしゃべっていて、ビックリしたんです。実際の放映では、15分くらいしか使われないのにです。やはり、プロだと思いました。 紳助さん収録後、別人のようにヘトヘトになって楽屋へ帰っていく姿が印象的でした。芸人さんのONとOFFですね。

ずーっとしゃべりっぱなしなんですよ。2時間も。プロです。



島田紳助さま


先日は、本当にありがとうございました。

思えば子供のころ、紳竜コンビの漫才の時からTVで見ておりました。偶然にも相方だった故・竜介さんと漢字は違いますが、同じ名前の僕でしたので、何か親近感みたいなものがありました。

僕から見ると芸能人という職業は、TVという四角い水槽の中でのみ泳ぐことができる金魚のような存在に見えます。
どんなに豪華な衣装を着た金魚でも、本当の中身は、黒いフナです。

金魚は、水槽から外の池に放たれれば、生き残ったとしても数世代でフナになってしまいます。

でも、フナになった時、金魚は初めて自由に泳ぐことの意味を知るのだと思います。芸能人も一緒ですよね。

芸能界を引退されて、すぐにフナになるには時間が掛るかと思いますが、肩から重い衣装を下ろしてフナになった紳助さんは、フナなんかでとどまらず海へでて、沖縄のイルカくらい大きくなられると信じています。

また、いつかどこかでお会いできたら幸いです。

本当にありがとうございました。心から感謝しています。

そして長い間、お疲れさまでした。




金魚養画場
深堀隆介












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

島田紳助さんへ 深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる