深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒

アクセスカウンタ

zoom RSS 息子の言葉から膨らむ僕の妄想。

<<   作成日時 : 2011/06/24 22:13   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

子供の育ちは早いもんです。 いつの間にか少年になっている感じです。

ついこの前、言葉もしゃべれなかったのにねぇ。 自然と「飲まない」「飲みます」「飲む」「飲める」「飲もう」など、5段活用みたいにちゃんと区別していることにビックリします。
画像

                ※こんなに小さかったのにねぇ。


子供の言葉は、言語学に通じていると思います。たまにハッとさせられることが沢山あるんですよぉ。例えば・・・


彼に「(太鼓の)バシとってー!(バチの事)」と言われて、ハっ!!!!!!ときた!!!



バチ→二本の木の棒→バシ→はし・・・・あっ・・・あああ!!!   「お箸!」




バチと箸は、二本の木の棒の物を指す同じ言葉だったのではないのだろうか?と考えさせられました。


こういうことは、日本語が確立する草創期に通じるものだろう。 

子供の言葉に、万葉の頃の日本の歴史の真実が隠れているかもしれません。おお〜楽しい!!



地名にも、そう言った事がいっぱい隠されています。 中国文化から来た漢字が邪魔をしています。




僕が考える一つを言いますと、あの蘇我氏についてね。

蘇我って海を表す須賀(すか)に通じ、須賀神社、須賀町、大須賀町、大菅(おおすが)、曽我、横須賀などは、蘇我氏の関係する地なのではと僕は思っています。(特に関東に多いと思う、これはどういうことか!)


あの飛鳥(あすか)も・・・(あすかは、亜須賀、吾蘇我、という意味か?)


あと漢字が邪魔をしているものは、春日大社などがある、春日(か・すが)ね。奈良にある「あ・すか」と「か・すが」には何か関係はあるのだろうか。



オードリーが「かーすがー」という度に、考えちゃいますわ!ははは



歴史の話は、止まらなくなるのでこの辺で。





深堀 隆介
Riusuke Fukahori





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お子さんが大好きなんですね。

優しい文章です。

………子供と嫁が欲しくなりました(笑)
パグ太郎
2011/06/25 11:47
パグ太郎さん
コメントありがとうございます。
子供は、自分の血肉を分けた存在ですからね。特別な存在です。結婚前は、こんなに親バカに自分がなるとは思ってもいませんでした(笑)。   深堀
fukahori speaking
2011/06/25 12:18
息子の言葉から膨らむ僕の妄想。 深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる