深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒

アクセスカウンタ

zoom RSS 羽田空港に初の美術館「Discovery Museum」オープン 金魚酒など販売 

<<   作成日時 : 2010/10/05 22:49   >>

トラックバック 0 / コメント 1

画像
来る10月13日、羽田空港の国際化にともない南本館が増設され、そこに空港では初の美術館がオープンいたします。

名前は「Discovery Museum(ディスカバリー・ミュージアム)」といいます。


この度、この美術館のミュージアムショップに、私の金魚たちを展示販売していただける運びとなりました。

作品からは、金魚酒1合枡、5勺枡。 水彩による短冊金魚絵。 プロダクト商品からは、本染め手ぬぐい、ポストカードセットたちが空港に初登場します。

僕自身、空港という場所は未経験で、どんなお客さんが来るのか、実際まだ把握できていません。

ただ、やはり美術好きが来るいわゆる美術館とは違い、ここは空港なので全く美術に興味のない人も多くいるはずです。

なので、すこし、金魚酒なども個展時に販売するものと違い、一般向けの少しリーズナブルなものを展開したいと思います。

これからの展開がたのしみで、ワクワクしています。



※ディスカバリーミュージアムについて


このディスカバリーミュージアムは、空港では初となる空港内 美術館です。

ここは、細川忠興や、細川ガラシャなど700年の歴史をもつ細川家の至宝を管理する「永青文庫(えいせいぶんこ)」の常設美術館として開設されます。

「永青文庫」とは、元総理大臣・細川護煕(もりひろ)氏が理事長を務められる美術館で、細川家の至宝 国宝8点、重要文化財31点を含むおよそ6000点の美術工芸品と、50000点以上にのぼる歴史的文書を所蔵している美術館です。

スペースをゆったりとり、作品1つに対しソファーを配置して、その美術工芸品などをゆっくりとご覧いただける画期的な美術館となるようです。(ここのソファは凄い特注品らしいです。)



フライト前の空き時間や、お帰りの際のご休憩に美術館で、細川家伝来の至宝の数々を、その目で味わってみてはいかがでしょうか。

羽田空港をご利用の際には、是非、お立ち寄りください。その時には忘れずに我が金魚たちにも会いにきてやってくださいね。




僕の作品の展示風景はこちらのレポートをご覧ください→




また、今回このお話しをいただきました 株式会社FORZA GRAFICO(フォルツァ・グラフィコ)の千葉様、市川様に心より感謝申し上げます。




深堀隆介


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
羽田の美術館楽しみです。今普通のアパートに深堀先生の絵を置いてしまっていますが、もっと絵が引き立つようなところに引っ越したいです。ずっと大事にします。ありがとうございました。
ともこ
2010/10/16 21:19
羽田空港に初の美術館「Discovery Museum」オープン 金魚酒など販売  深堀隆介 のブログ 金色ノ鮒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる